Amazonポイント初回チャージで最大20%還元

配当王とは?銘柄リスト&市場平均との25年リターン比較を紹介

https://hiromethod.com/wp-content/uploads/a668644cad4033316753495c386d5a86-1.jpgひろめ

複利ふくりのチカラでおくびと』の“ひろめ”(@hiromethods)です。

配当王の平均リターンは、長期的に市場平均(S&P500指数)を上回ってきたことをご存知でしょうか?

そこで今回は、配当王の定義、構成銘柄、株価上昇率を紹介していきます。株価上昇率の比較では、配当王(平均)とS&P500指数の過去25年リターンを見ることができます。

この記事を書いた人
ひろめ

複利のチカラで億り人

ひろめ

プロフィール

著書:バリュー投資家のための「米国株」データ分析/「本当の意味で読者のためになる情報を届ける」をモットーに、2016年4月から本ブログを書いています。⇒ 運営者情報プロフィール

配当王の定義

配当王(Dividend Kings)は、50年以上連続で増配を継続している銘柄のことを言います。

配当王の増配基準は、配当チャンピオンと同じです。つまり、配当王の連続増配記録も配当チャンピオンと同様に最大10四半期連続で増配しなくても継続します。

配当王の増配基準
  1. 配当支払い日×暦年(CY)の年間配当が増えているか
  2. 配当支払い日×会計年度(FY)の年間配当が増えているか

配当支払い日を基準にした暦年(CY)もしくは会計年度(FY)の年間配当が増えているかどうかで判断されます。増配基準の優先順位は、「①配当支払い日×暦年(CY)」⇒「②配当支払い日×会計年度(FY)」の順序です。

MEMO

増配基準についての基本的な説明は「連続増配銘柄とは?毎年増配しなくてもOKな理由を解説」をご覧ください。

50年連続増配は、数多くのリセッションを乗り越えて増配し続けなければ達成できない偉大な記録です。まさしくキングの名にふさわしい銘柄たちですね。

配当王の銘柄リスト

ティッカー企業名セクター
ABMABMインダストリーズ資本財
AWRアメリカン・ステイツ・ウォーター公益
CBSHコマース・バンクシェアーズ金融
CINFシンシナティ・ファイナンシャル金融
CLコルゲート・パルモリーブ生活必需品
CWTカリフォルニア・ウォーター・サービス公益
DOVドーバー資本財
EMRエマソン・エレクトリック資本財
FRTフェデラル・リアルティ・インベストメント・トラスト不動産
FULHBフラー素材
GPCジェニュイン・パーツ一般消費財
HRLホーメル・フーズ生活必需品
JNJジョンソン・エンド・ジョンソンヘルスケア
KOコカ・コーラ生活必需品
LANCランカスター・コロニー生活必需品
LOWロウズ一般消費財
MMMスリーエム資本財
MOアルトリアグループ生活必需品
NDSNノードソン資本財
NFGナショナル・フューエル・ガス公益
NWNノースウェスト・ナチュラル・ガス公益
PGプロクター・アンド・ギャンブル生活必需品
PHパーカー・ハネフィン資本財
SCLステファン素材
SJWSJW公益
SWKスタンレー・ブラック・アンド・デッカー資本財
SYYシスコ生活必需品
TGTターゲット一般消費財
TRトーツィー・ロール・インダストリーズ生活必需品

2020年6月30日時点の配当王は全部で29銘柄あります。OTC銘柄のファーマーズ&マーチャンツ・バンコープ(FMBC)は除外しています。

OTC銘柄とは?

Over The Counterの略で、株式市場を介さずに直接売買される非上場銘柄のことです。

配当王のセクター分布

セクター銘柄数割合
素材26.9%
資本財724.1%
一般消費財310.3%
生活必需品827.6%
ヘルスケア13.4%
金融26.9%
公益517.2%
不動産13.4%
合計29100%
Dividend Kings sector|配当王セクター分布
配当王のセクター分布

配当王はエネルギー/情報技術/コミュニケーション・サービスセクターの銘柄数がゼロとなっています。

配当王で最もウェイトが高くなっているのは、生活必需品セクターの27.6%でした。次いで2位が資本財セクターの24.1%となっています。

配当王とS&P500指数の株価上昇率

配当王は、配当貴族指数のように長期的なパフォーマンスが計測されているわけではありません。

そこで、市場平均とのリターン差を把握するために配当王29銘柄の平均株価上昇率を求めてS&P500指数と比較することにしました。

長期リターン比較

配当王の平均リターンは、同一期間の株価上昇率を1銘柄ずつ算出して平均したものになります。配当金(分配金)を含まない純粋な株価だけの比較です。

Dividend Kings vs S&P500|配当王 vs S&P500指数
1995/1/3~2019/12/31
MEMO
OTC銘柄のファーマーズ&マーチャンツ・バンコープ(FMBC)は平均リターンから除外しています。

1995年1月3日終値を100%にあわせて、2019年末までの株価上昇率をグラフにしました。S&P500指数の株価データは「^GSPC」を使っています。

上記のとおり、配当王(平均)がS&P500指数のリターンを大きく上回っています。1995年~2019年の25年間で配当王(平均)は約9.4倍、S&P500指数は約7.0倍という結果になりました。

ただ、ここで注意しておきたいことが2点あります。

注意
  • 生存バイアスがかかっている
  • リバランスが行われていない

配当王(平均)のパフォーマンスには、途中で連続増配記録がストップした銘柄は含まれてません。減配銘柄や増配が途切れた銘柄は全体のパフォーマンスを落とす要因になるため、連続増配記録が途中で途切れた銘柄が含まれてない部分は差し引いて見る必要があります。

25年で一度もリバランスを行わないというのは非現実的な話です。そこで次は、毎年年初に配当王を均等リバランスしたときの年次リターンも比較してみることにします。

1年ごとの年次リターン比較

1年ごとのリターンを年初(終値)と年末(終値)で比較します。配当金(分配金)を含まない株価上昇率になります。

年次リターン(過去25年)

期間配当王S&P500リターン差
1995年22.21%34.16%-11.94%
1996年20.80%19.33%+1.47%
1997年37.06%31.67%+5.39%
1998年6.65%26.07%-19.42%
1999年7.38%19.64%-12.25%
2000年9.23%-9.27%+18.50%
2001年11.31%-10.53%+21.84%
2002年-6.10%-23.80%+17.71%
2003年17.21%22.32%-5.11%
2004年12.47%9.33%+3.14%
2005年5.36%3.84%+1.52%
2006年16.05%11.78%+4.27%
2007年0.87%3.65%-2.78%
2008年-16.80%-37.58%+20.78%
2009年16.62%19.67%-3.05%
2010年16.11%11.00%+5.10%
2011年-0.02%-1.12%+1.10%
2012年13.53%11.68%+1.85%
2013年24.22%26.39%-2.17%
2014年9.93%12.39%-2.45%
2015年1.21%-0.69%+1.91%
2016年25.05%11.24%+13.81%
2017年12.58%18.42%-5.83%
2018年-5.72%-7.01%+1.29%
2019年24.90%28.71%-3.81%
平均11.299.25%+2.03%

過去25年の平均年次リターンでも配当王(平均)がS&P500指数をアウトパフォームしていることが分かります。年次リターンの勝率も60%(15勝10敗)で、配当王がS&P500指数に大きく勝ち越しています。

25年平均の年次リターンで+2%以上の差がついていることからも分かるように、配当王(平均)が市場平均を上回るのは必然の結果であると考えることができます。

連続増配の知識

連続増配銘柄とは?連続増配銘柄とは?毎年増配しなくてもOKな理由を解説【米国株】配当利回りランキング【毎日更新中】米国株25年以上連続増配銘柄の配当利回りランキング米国株おすすめ銘柄本の著者が長期投資に適したおすすめ米国株をセクターごとに紹介配当貴族米国株の配当貴族指数とは?銘柄リスト&過去12年リターンを詳しく解説配当チャンピオン配当チャンピオンとは?米国株には25年以上連続増配銘柄が100以上も存在する配当侯爵配当侯爵とは?25年以上連続で毎年必ず増配してきた米国優良株連続増配銘柄|長期リターン比較配当貴族 vs 配当王 vs 配当侯爵|連続増配銘柄の長期リターンを比較してみた優良株【優良株の見分け方】個人投資家が優良株に投資する現実的な方法【運用ルール】ポートフォリオ【ポートフォリオの作り方】正しい運用ルールが安定したリターンをもたらす

このページは拙著『バリュー投資家のための「米国株」データ分析』をブログ用に編集・追記したものです。技術評論社のご厚意で書籍の内容を一部公開しています。書籍を購入すると特典ファイルのダウンロードができます。