Amazonギフト券|初回チャージで1000円分もらえる

暴落だって意外と平気!リーマンショックで強さを見せた銘柄たち

暴落のタイミングは誰にも分からない

前回の暴落(リーマンショック)から8年以上が経過し、そろそろ暴落が起きても不思議ではない時期に入っています。こうした状況ですから暴落が起きてから株を買おうと現金を握りしめて、ひたすら暴落を待ち続けている投資家の方も多いのではないでしょうか。

確かに暴落を待つことも間違いとは言えませんが、問題なのは次の暴落がいつ起きて株式市場がリセッション入りするか誰にも分からないということです。暴落が1か月後なのか1年後なのか5年後なのか分かれば、ピンポイントでそのタイミングに合わせて株を売買すればいいのですが、そのタイミングは誰にも分からないと言っていいでしょう。

もしこのまま株式市場が堅調に推移し続けて、暴落が5年先まで起きなかったと仮定すると、今すぐ投資を始めた方が5年後の暴落後よりリターンが大きくなる可能性があります。

次の暴落が来るまで恐くて株を買えないという人たちにとっては、暴落が起きても起きなくても手堅くプラスリターンを得られる銘柄があるとすれば、少しずつでも買ってみようと思えるのではないでしょうか。やはり株式を保有している期間が長ければ長いほど多くのリターンが得られる可能性が高まるのも事実です。

そこで今回は、リーマンショックの株価の動きを参考に暴落局面でも強さを発揮するであろう銘柄を紹介したいと思います。これらの銘柄は、たとえ暴落が起きなかったとしても、保有しながら定期的に買い続けるだけで安定してプラスリターンを期待できる投資先でもあるので、誰でも真似できる再現性の高い投資法になっています。

リーマンショックで市場平均株価はどう動いたか?

リーマンブラザーズが倒産したのが2008年9月でした。そのため、2008年のイメージが強いリーマンショックですが、直近の最高値は2007年10月に記録して、2007年10月からダウントレンドが始まっています。最終的に底を打ったのが2009年3月でしたので、約1年半もの期間、株価が平均して下がり続けたことになります。

S&P500指数

年月株価状況
2007年10月約1,560ドル暴落前の最高値
  
2008年9月約1,200ドルリーマン
ブラザーズ倒産
  
2009年3月約683ドルリーマンショック
底値圏
  
 2013年4月約1,580ドル 暴落前の
最高値更新

S&P500は、リーマンショックで暴落前の高値から-56%を記録しました。暴落前の最高値を更新するのにかかった時間は、約4年2ヶ月でした。

NYダウ

年月株価状況
2007年10月約14,000ドル暴落前の最高値
  
2008年9月約11,420ドルリーマン
ブラザーズ倒産
  
2009年3月約6,626ドルリーマンショック
底値圏
  
 2013年2月約14,000ドル 暴落前の
最高値更新

NYダウは、リーマンショックで暴落前の高値から-53%を記録しました。暴落前の最高値を更新するのにかかった時間は、約3年9ヶ月でした。

リーマンショックで強かった銘柄を厳選して紹介

リーマンショックで市場平均よりも下落幅が少なかった銘柄の中から、現在でも将来有望と思われる銘柄をピックアップして紹介していきます。

銘柄ごとにリーマンショックでどういった株価の動きをしたか分かりやすく伝えるために、株価チャートと表を使って解説します。これを見てもらえれば、今回紹介する銘柄に関しては、意外にも株価は下落しなかったんだなってことを実感してもらえると思います。次の暴落局面でも冷静な投資判断をするために、活用してもらえたらと思います。

今回紹介する銘柄

アイ・ビー・エム(IBM)、コルゲート・パルモリブ(CL)、マクドナルド(MCD)、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)、コカ・コーラ(KO)、アボット・ラボラトリーズ(ABT)

ひろめ

チャートの下落率は、最高値から底値までの最大下落率を計算して表記しています。

アイ・ビー・エム(IBM)

アイ・ビー・エム(IBM)は人工知能AI「ワトソン」を販売するグローバルIT企業です。100年以上の歴史を持ち、法人向けのB to B(ビジネスtoビジネス)をメイン顧客に据えて事業を展開している会社です。

大幅なビジネスモデルの転換により5年以上も業績がひたすら下がり続けてきました。しかしこれはクラウドやAIなどの次世代事業に注力するためにとった経営戦略です。そのため、今後確実に起こるAI革命の恩恵を受けるであろう銘柄のひとつと見られています。

連続増配年数は22年で、現在も増配記録を更新中です。増配が発表されるのは毎年4月です。2020年4月まで順調に増配されれば、配当貴族(25年以上連続増配銘柄)に仲間入りします。配当性向もまだ低いので配当貴族入りはほぼ間違いないでしょう。

年月株価状況
2007年10月約120ドル市場平均が
暴落前の最高値
  
2008年7月約130ドル【IBM】
暴落前の最高値
  
2008年9月約124ドルリーマン
ブラザーズ倒産
  
2008年11月約70ドル【IBM】
暴落後の底値
  
2009年3月約90ドル市場平均が
暴落後の底値
  
2009年12月約130ドル【IBM】
暴落前の最高値更新

年間EPS推移

EPS前年比
2007年7.15+17.0%
2008年8.89+24.3%
2009年10.10+13.6%
2010年11.52+14.1%

リーマンショックでは、4ヶ月ほどで-47%の最大下落率を記録しています。暴落前の最高値を更新するのにかかった時間は、約1年2ヶ月でした。最大下落率が市場平均よりも小さく、他の銘柄と比べて株価の戻りが非常に速かったことが分かります。これはリーマンショックでも業績(EPS:1株あたりの利益)がほとんど沈むことなく、順調に成長を続けたことが要因です。

コルゲート・パルモリブ(CL)

ジェレミー・シーゲル博士の「株式投資の未来」によると、過去55年間(1957年~2012年)配当再投資したときのリターンが年率14.64%でした。シーゲル銘柄の第4位に位置しています。日本人には馴染みのない企業かも知れませんが、歯磨き粉シェア世界一を誇り、インドの歯磨き粉におけるシェアは50%以上を占めています。52年連続増配中の配当王でもあります。

年月株価状況
2007年10月約76ドル市場平均が
暴落前の最高値
  
2008年1月約82ドル【CL】
暴落前の最高値
  
2008年9月約75ドルリーマン
ブラザーズ倒産
  
2008年10月約54ドル【CL】
暴落後の最安値
  
2009年3月約54ドル市場平均が
暴落後の底値
  
2009年11月約87ドル【CL】
暴落前の最高値更新

年間EPS推移

EPS前年比
2007年1.60+30.1%
2008年1.83+14.4%
2009年2.19+20.0%
2010年2.15-1.8%

リーマンショックでは、9ヶ月ほどで-34%の最大下落率を記録しています。暴落前の最高値を更新するのにかかった時間は、1年2ヶ月でした。最大下落率が市場平均よりも小さく、他の銘柄と比べて株価の戻りが速かったことが分かります。

ここ数年の業績は悪化傾向で、EPS(1株あたりの利益)も2012年をピークに減少傾向にあります。そのため、購入するのであれば時間をずらして少しづつ買い増していくのがいいと思います。

マクドナルド(MCD)

マクドナルドは今回紹介する銘柄の中で下落率が一番小さい銘柄です。リーマンショックでも業績がほとんど落ちずに成長し続けてきました。42年連続増配中の配当貴族銘柄でもあります。

年月株価状況
2007年10月約60ドル市場平均が
暴落前の最高値
  
2008年8月約67ドル【MCD】
暴落前の最高値
  
2008年9月約65ドルリーマン
ブラザーズ倒産
  
2008年10月約46ドル【MCD】
暴落後の底値
  
2009年3月約50ドル市場平均が
暴落後の底値
  
2010年3月約67ドル【MCD】
暴落前の最高値更新

年間EPS推移

EPS前年比
2007年1.98-30.0%
2008年3.76+89.9%
2009年4.11+9.3%
2010年4.58+11.4%

リーマンショックでは3ヶ月ほどで-21%の最大下落率を記録しました。暴落前の最高値を更新するのにかかった時間は、1年5ヶ月でした。2013年をピークに売上高、EPS(1株あたりの利益)ともに減少傾向にあります。2017年1月のPERは20倍超えで割安とは言えませんが、時間を分散して少しづつ買い集めていく分には問題ないと思います。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)

ヘルスケアセクターといえば、ジョンソン&ジョンソン(JNJ) が非常に有名です。55年連続増配中の配当王であり、間違いなく鉄板のディフェンシブ銘柄と言えるでしょう。

年月株価状況
2007年10月約65ドル市場平均が
暴落前の最高値
  
2008年9月約72ドル【JNJ】暴落前の最高値
リーマン
ブラザーズ倒産
  
2009年3月約46ドル【JNJ】と市場平均
暴落後の底値
  
2013年1月約74ドル【JNJ】
暴落前の最高値更新

年間EPS推移

EPS前年比
2007年3.63-2.7%
2008年4.57+25.9%
2009年4.40-3.7%
2010年4.78+8.6%
2011年3.49-27.0%
2012年3.86+10.6%

リーマンショックでは約半年で-36%の最大下落率を記録しました。暴落前の最高値を更新するのにかかった時間は、約3年10ヶ月でした。下落率がインデックスより低めなのはいいのですが、意外にも暴落前の最高値を更新するまでに市場平均と同じくらいの時間がかかっています。

2017年1月時点のPERは約20倍で、過去5年間の平均に近い数字になっています。2014年~2017年の株価チャートを見ると、1株110ドルのサポートラインがあるので、その付近で少し多めに買うのもアリだと思います。

コカ・コーラ(KO)

バフェット銘柄としても有名な生活必需品セクターのコカ・コーラ(KO)です。誰もが知ってる飲料メーカーであり、圧倒的なブランド力を有します。54年連続増配中の実績を持つ配当王でもあります。

※2012年8月に1:2の株式分割を行っているため、この株価から2分の1すると現在の株価に換算できます。

年月株価状況
2007年10月約60ドル市場平均が
暴落前の最高値
  
2008年7月約65ドル【KO】
暴落前の最高値
  
2008年9月約50ドルリーマン
ブラザーズ倒産
  
2009年3月約38ドル【KO】と市場平均
暴落後の底値
  
2010年12月約65ドル【KO】
暴落前の最高値更新

年間EPS推移

EPS前年比
2007年1.28+18.5%
2008年1.25-2.3%
2009年1.47+17.6%
2010年2.53+72.1%

リーマンショックでは1年3ヶ月ほどで-42%の最大下落率を記録しました。暴落前の最高値を更新するのにかかった時間は約1年9ヶ月でした。下落率はインデックスより少し低めで、暴落前の最高値を更新するまでにかかった時間は他の銘柄と比べて短かかったことが分かります。

ここ数年の業績が芳しくなく、今後の展開がどうなるかわからないため、購入するのであれば時間と株価を分散して、ちょっとずつ買い増していくのが賢明だと思います。

アボット・ラボラトリーズ(ABT)

ジェレミーシーゲル博士の「株式投資の未来」で、過去55年間(1957年~2012年)配当再投資したときのリターンがフィリップモリスに次いで第2位のシーゲル銘柄です。2013年に新薬事業部門を分離独立させ、アッヴィ(AVVB)という会社が新たに設立されました。アボット・ラボラトリーズ(ABT)は、45年連続増配中の銘柄でもあります。

年月株価状況
2007年10月約55ドル市場平均が
暴落前の最高値
  
2008年1月約61ドル【ABT】
暴落前の最高値
  
2008年9月約60ドルリーマン
ブラザーズ倒産
  
2009年3月約45ドル市場平均が
暴落後の底値
  
2009年5月約41ドル【ABT】
暴落後の底値
  
2012年3月約61ドル【ABT】
暴落前の最高値更新

年間EPS推移

EPS前年比
2007年2.31+106.3%
2008年3.12+35.1%
2009年3.69+18.3%
2010年2.96-19.8%
2011年3.01+1.7%
2012年3.72+23.6%

リーマンショックでは約8ヶ月で-32%の最大下落率を記録しました。暴落前の最高値を更新するのにかかった時間は、約4年3ヶ月でした。下落率がインデックスより低めなのはいいのですが、暴落前の最高値を更新するまでに市場平均より長い時間がかかったことが分かります。

2013年に新薬事業部門をアッヴィ(AVVB)に分社化しているため、実際に今後も同じリターンが得られるか不透明なのも気になります。

分社化といえば、ルイス・ガーズナーの「巨象も踊る」という本を思い出します。この本の内容を一言で言うと、IBMの経営不振は分社化を避けたことで復活できたというお話です。あのとき、IBMが分社化していたらバフェット銘柄にもなっていないでしょうし、AIのワトソンも開発されなかったかもしれません。IBMにとって、それくらい大きなターニングポイントだった出来事でした。

アボット・ラボラトリーズ(ABT)はセクターも全然違うため、この話がそのまま当てはまるか分かりませんし、分社化したことで逆に今後成長スピードが速まるかも知れません。分社化というものは、経営面においてそれなりのリスクがあることを認識したうえで保有すべきか見極めるといいと思います。

まとめ

市場平均

銘柄最大下落率最高値更新に要した時間
NYダウ-53%約3年9ヶ月
S&P500-56%約4年2ヶ月 

紹介銘柄

銘柄最大下落率最高値更新に要した時間
IBM-47%約1年2ヶ月
CL-34%約1年2ヶ月
MCD-21%約1年5か月
JNJ-36%約3年10ヶ月
KO-42%約1年9ヶ月
ABT-32%約4年3ヶ月

これらの銘柄には、ある共通点があります。その共通点とは連続増配銘柄であるということです。

配当は下落局面で株価下支えの役割を果たします。特に、上記の連続増配銘柄は独自の強みを持って長期で成長を続けてきた企業ばかりなので、ちょっとやそっとの経済危機でも業績が悪化しづらい強みを持っています。

暴落局面では安全な投資先へと資金を避難させようとします。そして、利下げされたドルから配当のもらえる安定した業績の連続増配銘柄に資金が流れることもあります。

ここで大切になってくるのが、買い方です。一度にまとめて買うのではなく、時間または取得株価を一定間隔あけて少しづつ買い増ししていくことが重要です。こうすることで、どのタイミングで暴落が起きても含み損を最小限に抑えることができ、冷静に手持ちのキャッシュで割安になった株を買い増しすることができます。暴落前はこういった銘柄に投資をし、暴落後に売り叩かれた激安銘柄に乗り換えるのも一つの手だと思います。

番外編:金鉱株への投資

金(ゴールド)は暴落局面に強く、「有事の金」と呼ばれています。また、金(ゴールド)を生産する産金会社の株のことを金鉱株と呼びます。

金鉱株は、米ドルの金利が上昇する局面(利上げ局面)で下落しやすく、金利が下落する局面(利下げ局面)で上昇しやすい傾向があります。暴落が起きてリセッション入りすれば、アメリカの中央銀行(FRB)は米ドルの金利を下げて対処します。実際にリーマンショックのとき金鉱株の値動きがどうだったか、金鉱株のETF(GDX)のチャートを見ながら解説していきます。

マーケット・ベクトル・金鉱株(GDX)

年月株価状況金利
2007年
10月
約51ドル市場平均が
暴落前の最高値
4.5%
   
2008年
3月
約56ドルGDXが
暴落前の最高値
2.25%
   
2008年
9月
約31ドルリーマン
ブラザーズ倒産
2.0%
   
2008年
10月
約16ドルGDXが
暴落後の底値
1.0%
   
2009年
3月
約30ドル市場平均が
暴落後の底値
0.25%
   
2010年
9月
約56ドルGDXが暴落前の
最高値更新
0.25%

リーマンショックのときは、7ヶ月ほどで-71%の最大下落率を記録しました。暴落前の最高値を更新するのにかかった時間は、2年でした。

この下落率を見る限り決して暴落に強いとは言えません。そして、利下げをスタートさせたタイミングが高値圏で、そこから利下げが続いているにも関わらず半年で-71%の暴落を記録しています。

このリーマンショックの値動きから、金鉱株は必ずしも暴落に強いわけではなく、利下げ局面でも株価は下がり続けることがあるということを学べます。

暴落に備えて金鉱株を買っているつもりでも、実は逆効果だったなんてこともありえるので、十分注意しなければなりません。むしろ暴落により金鉱株が市場平均より大きく下落していたら、逆にそこで拾った方が多くのリターンを取れるかもしれません。

金鉱株を買うにあたって注意しなければならないことは、長期保有していれば株価の上昇が期待できるものではないということです。いずれ必ず売るという意識をもって保有することが大切なので、その点は気をつけていただきたいと思います。