Amazonポイント初回チャージで最大20%還元

外国税額控除を考慮した年収ごとの米国株配当税率シミュレーション

年収ごとの米国株配当税率シミュレーション
https://hiromethod.com/wp-content/uploads/a668644cad4033316753495c386d5a86-1.jpgひろめ

複利ふくりのチカラでおくびと』の“ひろめ”(@hiromethods)です。

米国株に起こる配当の二重課税は、確定申告の外国税額控除をすることで解消します。ここでは参考情報として、外国税額控除を最大限利用した場合に米国株の配当税率がどの程度になるかをご紹介します。

年収ごとの「米国株」配当税率一覧

米国株の年間配当10万円、30万円、50万円、100万円の4パターンで年収ごとの配当税率がどう変化するか試算します。

試算条件

具体的な試算条件は次のように設定しました。

試算条件
  • 基礎控除:48万円
  • 給与所得控除:給与収入に応じた控除額
  • 外国税額控除の繰越控除制度:適用なし

基礎控除と給与所得控除は2020年の税制で試算します。なるだけ多くの人の参考になるよう、最低限の控除以外は適用しない条件にしました。

それともうひとつ、試算に必要な条件として勤務先の源泉徴収額と社会保険料を次のように設定します。

試算条件|源泉徴収額と社会保険料

額面年収勤務先の
源泉徴収額
社会保険料
(源泉徴収)
100万円0円161,000円
200万円27,800円309,000円
300万円55,600円474,000円
400万円86,400円619,000円
500万円142,500円748,000円
600万円208,300円914,000円
700万円319,200円1,075,000円
800万円484,600円1,174,000円
900万円659,400円1,226,000円
1,000万円832,800円1,283,000円

上記の「額面年収」は、ボーナスも含めた額面年収になります。「勤務先の源泉徴収額」は、源泉徴収票に記載されている『所得控除の額の合計額』のことです。この源泉徴収額に住民税は含まれておらず、所得税だけの金額を記載しています。

「社会保険料(源泉徴収)」は、40歳未満かつ独身の標準的な金額を設定しました。1年分の合計額です。

以上で試算に必要な条件が揃いました。それでは、年収別「米国株」配当税率に移りたいと思います。米国株の年間配当10万円、30万円、50万円、100万円の4パターンで試算した配当税率は次のようになりました。

米国株の年間配当が税引前10万円のケース

配当の源泉徴収額
  • 外国所得税:10万円×10%=1万円
  • 国内所得税:9万円×15.315%=1万3783円
  • 国内住民税:9万円×5%=4500円
額面年収選択する課税方式配当税率
(所得税+住民税)
所得税住民税
100万円総合課税申告不要14.50%
200万円総合課税申告分離課税16.50%
300万円総合課税申告分離課税15.30%
400万円総合課税申告分離課税14.40%
500万円総合課税申告分離課税16.00%
600万円総合課税申告分離課税14.00%
700万円申告分離課税申告分離課税11.10%
800万円申告分離課税申告分離課税7.10%
900万円申告分離課税申告不要15.80%
1000万円申告不要申告不要28.30%

額面年収900万円以下のときは、配当税率7.1%~16.5%に収まりました。額面年収1000万円のときだけ所得税の還付額が出なかったため、申告不要を選択しています。

米国株の年間配当が税引前30万円のケース

配当の源泉徴収額
  • 外国所得税:30万円×10%=3万円
  • 国内所得税:27万円×15.315%=4万1350円
  • 国内住民税:27万円×5%=1万3500円
額面年収選択する課税方式配当税率
(所得税+住民税)
所得税住民税
100万円総合課税申告不要15.60%
200万円総合課税申告分離課税16.50%
300万円総合課税申告分離課税15.80%
400万円総合課税申告分離課税15.50%
500万円総合課税申告分離課税18.20%
600万円総合課税申告分離課税16.00%
700万円申告分離課税申告分離課税18.10%
800万円申告分離課税申告分離課税16.20%
900万円申告分離課税申告不要18.70%
1000万円申告分離課税申告不要24.70%

額面年収1000万円を除いて配当税率は10%代後半になりました。所得税の課税方式は額面年収700万円以上で申告分離課税に切り替わっています。

米国株の年間配当が税引前50万円のケース

配当の源泉徴収額
  • 外国所得税:50万円×10%=5万円
  • 国内所得税:45万円×15.315%=6万8917円
  • 国内住民税:45万円×5%=2万2500円
額面年収選択する課税方式配当税率
(所得税+住民税)
所得税住民税
100万円総合課税申告分離課税18.00%
200万円総合課税申告分離課税16.20%
300万円総合課税申告分離課税15.80%
400万円総合課税申告分離課税17.10%
500万円総合課税申告分離課税18.40%
600万円総合課税申告分離課税20.40%
700万円申告分離課税申告分離課税19.30%
800万円申告分離課税申告分離課税17.70%
900万円申告分離課税申告不要19.20%
1000万円申告分離課税申告不要22.70%

額面年収600万円と1000万円を除いて配当税率10%代後半に収まりました。こちらも額面年収700万円以上で所得税の課税方式が申告分離課税に切り替わっています。

米国株の年間配当が税引前100万円のケース

配当の源泉徴収額
  • 外国所得税:100万円×10%=10万円
  • 国内所得税:90万円×15.315%=13万7835円
  • 国内住民税:90万円×5%=4万5000円
額面年収選択する課税方式配当税率
(所得税+住民税)
所得税住民税
100万円総合課税申告分離課税15.40%
200万円総合課税申告分離課税15.70%
300万円総合課税申告分離課税15.80%
400万円総合課税申告分離課税17.70%
500万円総合課税申告分離課税18.20%
600万円申告分離課税申告分離課税21.20%
700万円申告分離課税申告分離課税19.60%
800万円申告分離課税申告分離課税19.00%
900万円申告分離課税申告不要19.40%
1000万円申告分離課税申告不要21.30%

米国株の年間配当100万円でも、15.4%~21.3%の配当税率に収まりました。そこまで高い配当税率にはならないですね。

上記の結果をまとめると、ほとんどの年収で米国株の配当税率は10%代後半に収まりました。きちんとベストな課税方式の組み合わせを選択すれば、米国株の配当でもここまで税率が低くなります。

米国株の最終的な配当税率を求める手順

上記の試算結果で示した配当税率は、次のような手順で計算しています。

米国株の配当税率を求める手順
  1. 配当を確定申告に含めることで還付される所得税額を求める
  2. 配当を申告に含めることで還付される住民税額を求める 
  3. 「証券会社で源泉徴収された28.284%の税額-(所得税と住民税の還付額)=配当にかかる税額」を求める
  4. 米国株の配当税率=配当にかかる税額÷米国株の年間配当

①と②は配当を申告に含めるときと含めないときの還付額の差になります。申告不要を選択すると、ここはゼロになります。

③では二重課税された源泉徴収額から還付額を差し引くことで、配当にかかる最終的な税額を求めています。そして最後に、④で最終的な税額から税率を計算するという流れです。

具体例として、年収500万円のサラリーマンが年間50万円の米国株配当金を受け取ったときに、最終的な配当税率が何%になるか計算してみましょう。

還付額が最大になる配当課税方式の組み合わせ(所得税:総合課税/住民税:申告分離課税)を選択した結果、還付額はそれぞれ次のようになりました。

額面
年収
社会保険料
(源泉徴収)
所得税
還付額
住民税
還付額
500万円70万9000円4万2277円4681円

それでは配当税率の計算に入ります。実質的な税金がいくらだったかが分かればいいので、やることは「源泉徴収額-還付額」です。

配当の源泉徴収額
  • 外国所得税:50万円×10%=5万円
  • 国内所得税:45万円×15.315%=6万8917円
  • 国内住民税:45万円×5%=2万2500円

上記の源泉徴収額から所得税と住民税の還付額を差し引くと実質的な配当税額が求められます。所得税と住民税をまとめて計算したのが次の式です。

計算式

(5万円+6万8917円+2万2500円)-(4万2277円+4681円)=9万4459円

今回は米国株の配当50万円に対して9万4459円の税金がかかることがわかりました。あとはこれらを割り算すると税率が求められます。

配当税率(所得税+住民税)

9万4459円÷50万円=18.89%

以上より、米国株の配当にかかった税率は合計18.89%と求めることができました。

個々の具体的な税率を知りたいときは

ここでの試算結果は、最低限の控除だけを適用したときの配当税率です。配偶者控除や扶養控除などが適用されることで、同じ年収、年間配当でも税率が増減する場合があります。

個々の税率を知りたい方は、確定申告書等作成コーナーで試算してみると正確な数値が把握できます。

参考 確定申告書等作成コーナー国税庁
https://hiromethod.com/wp-content/uploads/2019/11/ee6e4a978673629da98f39cb83b67429-1.jpg配当きぞくん

条件にあわせて数値を入力するだけだから意外と簡単なのじゃ。

配当金生活のヒント

【www9945】配当金生活のアドバイス配当金生活はいくら必要?【億り人】www9945さんのアドバイス【配当の課税方式】3種類から選択米国株の配当税率を低くするために知っておくべき重要事項【二重課税】解決する方法米国株の配当にかかる二重課税問題とは?解決する方法を解説【配当税率】下げる選択米国株で配当金生活したときの税金と社会保険料|配当年収ごとの試算結果を公開年収ごとの米国株配当税率シミュレーション外国税額控除を考慮した年収ごとの米国株配当税率シミュレーション国民年金の免除制度国民年金の免除制度|配当収入がいくらあっても全額免除は可能です【国民健康保険】減免制度まとめ退職後の国民健康保険料はこうして安くしよう!活用したい減免制度まとめ【高配当株投資】成功の秘訣”億り人”www9945先生が解説する高配当株投資のリスクを下げる方法とは?

このページは拙著『バリュー投資家のための「米国株」データ分析』をブログ用に編集・追記したものです。技術評論社のご厚意で書籍の内容を一部公開しています。書籍を購入すると特典ファイルのダウンロードができます。