米国株ニュースレター配信中

ブログを訪問してくれた人たちのユーザーデータをまとめてみた

 

『複利のチカラで億り人』を開設して1年が経ち、おかげさまで月間2万PVを超えるまでになりました。ちょうどいいタイミングなので、今回はいつもと違ったブログの裏側を覗けるようなデータをお見せしたいと思います。

 

ズバリ今回ご紹介するのは、ブログに訪問してくれた方々の年代や男女比、使用端末の割合データです。(ブログを訪問しても個人を特定するような情報は一切分かりません。ざっくりした年代や性別、使用端末の種類が1ユーザーデータとして蓄積されるだけです。)

 

毎度おなじみGoogleアナリティクスの取得データを使用しました。集計期間は、2017年4月1日~4月30日の1ヶ月です。それでは見ていきましょう。

 

ブログ訪問者の年代データ

ブログを訪問してくれた人たちの中で、一番多い年代はどのくらいなのでしょうか?気になる結果は以下のようになりました。

年代ユーザー数割合
35-44470046%
25-34370036%
45-54110011%
55-644004%
18-242002%
65以上1001%
合計10200100%

※ユーザー数は、すべて概数(おおよその数)で表記しています。

 

一番多かったのは35歳~44歳のアラフォー世代で46%でした。ついで、25歳~34歳のアラサー世代で36%でした。1位と2位を合わせた25歳~44歳の年代だけで全体の82%を占めるという結果になりました。

 

私自身もアラサー世代ですので、比較的近い年代の人たちに多く見てもらえてることになりますね。資産規模が1000万円を超えるのもこれくらいの年代からだと思うので、私の運用額と近い人たちが定期的にブログを訪問してくれているように感じました。

 

ブログ訪問者の男女比

次にブログを訪問してくれたユーザーの男女比です。

性別ユーザー数割合
男性940092%
女性8008%
合計10200100%

※ユーザー数は、すべて概数(おおよその数)で表記しています。

 

やはりと言いますか、圧倒的に男性が多いですね。米国株メインの投資ブログなだけにこの偏りは必然です。もともと投資に参加するのは女性より男性の方が多いわけですので、むしろこれくらいが自然な割合なのでしょう。

 

実のところ、米国株は女性の方にもおすすめできる投資対象です。バイアンドホールドしているだけで資産が右肩上がりに増える可能性が高いですからね。なかでもウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ(BRK.B)は、資産運用にピッタリな銘柄だと思います。

詳細 バフェットvs配当貴族指数!リターンが高いのはどっち?

 

今後ますます世界への投資が当たり前の時代になってきます。そのためニューヨーク証券取引所で購入できるグローバル企業への投資がさらに注目を浴びることになるでしょう。日本の人口が減るなか世界の人口は増えてくので、当然と言えば当然の流れですよね。

 

ブログを見るときの端末データ

スマホ、パソコン、タブレット、どの端末でブログを読んでいる方が多いのでしょうか?セッション数を集計すると一番多い端末は一目瞭然でした。

端末セッション数割合
スマホ8100 61%
パソコン4100 31%
タブレット1000 8%
合計13200100%

※セッション数は、すべて概数(おおよその数)で表記しています。

 

スマホからのセッション数が堂々1位で、全体の61%を占めていました。2位のパソコンと比べても2倍近く差が開いています。

 

Google検索ではすでにパソコンよりモバイルでの検索を優先することを発表してます。今後ますます世界中でスマホユーザーが増えるからです。ユーザーが増えればモバイルからのアクセスも増加することになりますので、スマホの小さい画面でも読みやすい記事を書くことは、すでに必須事項となっています。

 

まとめ

こうして様々な角度からデータ分析すると色々なことが分かっておもしろいです。データを集計することでブログに弱い年代や性別も見えてくるので、敢えてその人たちに投げかけるような記事を書いてみるのも面白いかもしれません。新規開拓で新たな読者さんをゲットできる可能性が広がりますからね。

 

こうしたデータはブログを続けていれば変化するのか、それとも変わらないのか興味深いところです。またデータが溜まってきたら期間を長くして、6ヶ月~1年単位で集計してみたいなと思います。

 

関連記事です。私は月間20万PVを目標にブログ運営を行っています。

関連 アーリーリタイア実現に必要な2つの最低条件は意外にも手の届くところにあった