【APPL】アップル20株@115.02ドルで売却

2016年10月10日(月)にアップル(ディッカーシンボル:APPL)20株を1株=115.02ドルで売却しました。

もともと2016年5月に購入したときは、上昇したら売ることを前提に購入していました。

購入したときの記事はこちら ⇒ 【APPL】アップル20株@94.80ドルで購入

購入価格は1株94.80ドルでしたので、手数料を引いて383.96ドル(日本円で3万1010円)の含み益となりました。日本円換算の含み益は、マネックス証券の特定口座に表示された額となります。

売却理由
・11月8日に大統領選挙が控えている

大統領選挙はヒラリー・クリントンさんが勝利すると思われますが、どちらの候補が大統領になっても米国株は下げると思います。

トランプさんが過激すぎるあまり、現時点でほとんど注目されていませんが、ヒラリーさんの政策も米国株にとってマイナスに影響する可能性が高いのです。

さらに大統領選挙の次の年(今回であれば2017年)は、過去データの平均が最もパフォーマンスの悪い年になっています。

・12月14日のFOMCで利上げが控えている

アメリカの政策金利は、12月のFOMCで0.25%上がる見込みです。ちょうど1年の期間が空くことになるので、かなり久しぶりの利上げとなります。

この久しぶりの利上げは過去22年で1度も例がなく、株価にとってマイナスに影響すると思います。下げのめどは、今年6月にイギリスが国民投票でEU離脱を決定したときの底値です。

具体的な株価については以下に書いているので、そちらを参照します。

参考 僕が利上げを気にするワケ

1株115ドルで指値した理由

ここ1~2ヶ月のアップルの株価を見ると、9月9日~9月15日にかけて一気に103ドルから115ドルまで上昇しています。

その後、9月15日~10月7日にかけて株価は111ドル~115ドルの範囲を横ばいで推移していました。

1ヶ月近く株価が横ばいだったことから、115ドル付近に上値抵抗ラインがあると考え、

115ドルで売却の指値を入れることにしました。

結果的にこの指値が正解だったかはわかりませんが、市場全体がリスクオフに転じて下落する可能性を考えるとこの時期に売却できてよかったと思います。

本日11月18日(土)まで米国株ブログ流行語大賞のフレーズを募集しています。どなたでも参加できるので、コメント欄までコメントしてもらえると助かります。

米国株ブログ界では今年も数々の名言が生まれました。パッと思いつくだけでも、すぐに何個か出てくる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

【お知らせ】

常時SSL化(https)にともなって、サイトURLが新しくなりました。RSSフィードや当サイトへのリンクは新URLへの変更をお願いします。

 

ワンクリックで「はてなブックマーク」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「複利のチカラで億り人」RSSフィード

follow us in feedly

「ひろめ@複利のチカラで億り人」ツイッター

———————————————————————————————–

☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
———————————————————————————————–

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

SNSフォローボタン