【主力銘柄】IBMに対する考え方

 

私は2015年下半期からIBMをずっとウォッチしています。

人生を変えるために、全財産の「90%」までIBMを買い増しするつもりです。

 

現在の平均取得金額は、「約131ドル」で145株所有しています。

まだまだ買い足りないので1株120ドル付近(2016年2月)のときにもっと買っておけばよかったと思いますが、決算ごとに「減収減益」を更新していたため、株価下落の余地があると見込んで、ナンピンし続ける予定でした。

 

直近の2016年4月に行われた第1四半期決算発表では、「16四半期連続の減収減益」を記録しています。

これは、IBMは「売り上げ」と「利益」が4年間減り続けていることになります。

この「減収減益」は、あと1~2年継続すると見込んでいます。

万が一、IBMの「減収減益」が途切れた場合には、大幅な株価の上昇が期待できるので、そのときは急いで全力で買い上がらなければと考えています。

減収減益が続く限りは、世界的な株価暴落を待って、1株130ドル付近で買い増しいようと思います。

 

次の第2四半期決算発表は、現地時間2016年7月18日(月)です。

第2四半期決算発表で、「減収減益」記録を更新し、株価下落すると見込んでるので、私はこの決算後にNISA口座の残り半分の金額を買い増しする予定です。

残念ながら今年2月以降、IBMの株価は非常に堅調に推移していることから、悪い決算くらいでしか買い増しするチャンスはないのではないかと思っています。

第2四半期決算発表に注目です。