ブリグジットの決定から1週間を振り返って

ブリグジット(イギリスのEU離脱)が決定してから1週間が経ちました。

米国株は月火と2日連続で下落しましたが、水木金と3日連続で上昇し、ブリグジット決定前の水準に近づいています。(2016年7月1日(金)NYダウ終値:17949)

6月23日(木)に実施されるイギリス国民投票の結果が、「EU残留」、「EU離脱」どちらに転んでも株価の暴落は期待できません。 なお、ここで...

今後の相場展開はわかりませんが、狙っている銘柄が割安になったら買う、ただそれだけです。

具体的な銘柄と株価はこちらの記事に書いてます。

2016年も残すところ約半年になりました。 EU離脱を受けて、世界の金融市場が大きく変化しようとしています。 節目の時期になりますので現...

いつだってやることに変わりはありません。

ブレグジットによりアメリカ(FRB)は当分利上げできないことになりました。

むしろ利下げする可能性すら出てきています。(2016年12月の利上げ確率は約17%、利下げ確立は8%)

この「利上げできない状況」というのは株価にとって好材料です。

当分のあいだ利上げできないことも株価が戻った理由の一つと言えます。

米国株の実績PERは、2016年5月時点で「20.8倍」です。(私のインデックス参照)

この水準は割高だと思います。

今週1週間は株価が戻りましたが、世界のどこで何が起こるかわかりません。

イギリスは、EUを離脱した後のことはこれから決めていかなければなりません。

そんななか、スコットランドの独立(イギリス国内の分裂)が現実的になっています。

私はどんなに株価が上昇しても気にせず、米国株が割安な水準になるまでただ待つだけです。

本日11月18日(土)まで米国株ブログ流行語大賞のフレーズを募集しています。どなたでも参加できるので、コメント欄までコメントしてもらえると助かります。

米国株ブログ界では今年も数々の名言が生まれました。パッと思いつくだけでも、すぐに何個か出てくる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

【お知らせ】

常時SSL化(https)にともなって、サイトURLが新しくなりました。RSSフィードや当サイトへのリンクは新URLへの変更をお願いします。

 

ワンクリックで「はてなブックマーク」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「複利のチカラで億り人」RSSフィード

follow us in feedly

「ひろめ@複利のチカラで億り人」ツイッター

———————————————————————————————–

☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
———————————————————————————————–

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

SNSフォローボタン