2016年後半の投資方針

2016年も残すところ約半年になりました。

EU離脱を受けて、世界の金融市場が大きく変化しようとしています。

節目の時期になりますので現時点での投資方針をまとめてみようと思います。

個人的に狙っている銘柄は「IBM(ディッカーシンボル:IBM)」のみです。

IBMは、バフェットが大量に保有している銘柄で有名ですね。

21年連続増配銘柄でもあります。

私はNYダウが年初来安値を記録した2016年2月に、IBMを30株(1株120ドル)で購入しています。

資金数百万円~1千万円程度から「億り人(1億円)」を達成するには、かなり割安な水準(最低でもPER10倍以下)で集中投資しなければなりません。

EU離脱をきっかけにどこまでアメリカ株が下落するか分かりませんが、どっちにみち暴落と呼べる水準になるまで全力買いはしないつもりでいます。

具体的なIBMの目標購入株価は、年初来安値の1株120ドル(購入金額:全資産の3分の1)です。

そこから先は一定間隔ごとに下落したら購入(ナンピン)していきます。

1株70ドルになったときにすべてのキャッシュがIBMになっているイメージでナンピンします。(1株70ドルというのは、配当利回り8%からきています。)

ただ、今年のNISA枠がまだ半分以上残っているので、その分だけは残り半年で購入しなければなりません。

NISAでは1株130ドルで購入することが目標ですが、こればかりは分らないので第2四半期決算発表後(7月19日)に残りのNISA枠半分を購入し、第3四半期決算発表(10月)に残っているすべての枠を使い切るイメージでいこうと考えています。

なお、第3四半期決算までに株価が130ドル付近まで下落したら予定を早めて購入しようと思います。

まとめ

特定口座 ⇒ IBMが1株120ドルになるまで購入しない。(120ドルで全資産の1/3購入)

NISA口座 ⇒ IBMが1株130ドルまで下落 もしくは 第2四半期決算発表と第3四半期決算発表のあとに半分ずつ購入する。

本日11月18日(土)まで米国株ブログ流行語大賞のフレーズを募集しています。どなたでも参加できるので、コメント欄までコメントしてもらえると助かります。

米国株ブログ界では今年も数々の名言が生まれました。パッと思いつくだけでも、すぐに何個か出てくる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

【お知らせ】

常時SSL化(https)にともなって、サイトURLが新しくなりました。RSSフィードや当サイトへのリンクは新URLへの変更をお願いします。

 

ワンクリックで「はてなブックマーク」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「複利のチカラで億り人」RSSフィード

follow us in feedly

「ひろめ@複利のチカラで億り人」ツイッター

———————————————————————————————–

☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
———————————————————————————————–

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

SNSフォローボタン