【WFC】ウェルズファーゴ第4四半期決算発表前に30株@55.28ドルで売却

2017年1月13日にウェルズファーゴが第4四半期(10月~12月)決算発表を行っています。

決算概要

【WFC】

2016年4Q

市場予想決算
EPS1ドル96セント
売上高223億ドル216億ドル

・EPS、売上高ともに市場予想を下回りました。(1ドル=100セント)

・市場予想に対する決算発表のEPSは-4.16%、売上高は-3.24%でした。

・前年同期比(2015年4Q)のEPSが1ドルでしたので、昨年との比較でも減少しています。

決算発表後の株価は、決算が市場予想を下回ったにも関わらず、前日比+1.49%の55.31ドルで取引を終えました。

決算発表前に保有していた30株をすべて売却

2016年1月10日(火)に保有していたウェルズファーゴ(WFC)30株を1株55.28ドルで売却しました。

銘柄株数平均取得株価損益リターン
WFC

30株

50.26ドル 150.6ドル+9.98%

税引前のリターンは、+9.98%でした。なお、売却手数料は損益及びリターンから差し引いていません。

売却理由
・銀行株はリセッションに弱い

銀行株は、とりわけ金融危機(リセッション)に弱い傾向があります。なかでも、ウェルズファーゴ(WFC) はリーマンショックによって2008年のEPS(1株利益)が前年比-70%にまで落ち込んだ実績があります。

WFCEPS前年比
2007年2.38ドル-3.78%
2008年0.70ドル-70.58%
2009年1.75ドル+150%

もちろん株価も急落しました。

WFC最高値株価最安値株価
2007年37.99ドル29.29ドル
2008年44.75ドル19.89ドル
2009年31.53ドル7.80ドル

2008年9月に記録した最高値株価44.75ドルと2009年3月に記録した最安値株価7.80ドルを比較すると、-82.57%も下落しています。これは株価が5分の1以下になったことを意味するので、驚異的な急落と言えます。

逆に1株7.80ドル付近のタイミングで買うことができた人は、短期間でかなりのプラスリターンを得ることができました。

景気サイクル的に、2017年はリセッションの2歩手前まで来ていると個人的に考えているため、金利上昇局面で銀行株が上昇する可能性が十分ありますが、保有している株数も少なかったですし、大事をとって売却することにしました。

リセッションが来るまでは金融危機(○○ショック)に弱い銘柄には近づかずに、ディフェンシブ銘柄(ジョンソン&ジョンソンやコカ・コーラ、IBMなど)を保有するのが賢明です。

そして、金融危機による暴落(○○ショック)が起きたら、売られすぎた銘柄に乗り換えて大きなリターンを得ることが望ましいと考えています。個人的には、2017年もNISA口座でIBMを買い増ししていく予定です。

関連記事です。アップル(AAPL)も20株ほど保有していましたが、1株115ドルで売却しています。かなり少額ですが、後から振り返ると持っておいてもよかったですね。

アップルを20株@115.02ドルで一旦売却しました。このタイミングで売却した理由と115ドルで売却した根拠について書いていきます。

本日11月18日(土)まで米国株ブログ流行語大賞のフレーズを募集しています。どなたでも参加できるので、コメント欄までコメントしてもらえると助かります。

米国株ブログ界では今年も数々の名言が生まれました。パッと思いつくだけでも、すぐに何個か出てくる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

【お知らせ】

常時SSL化(https)にともなって、サイトURLが新しくなりました。RSSフィードや当サイトへのリンクは新URLへの変更をお願いします。

 

ワンクリックで「はてなブックマーク」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「複利のチカラで億り人」RSSフィード

follow us in feedly

「ひろめ@複利のチカラで億り人」ツイッター

———————————————————————————————–

☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
———————————————————————————————–

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

SNSフォローボタン