【2016年11月】120万円分の為替振替を実行

 

米国株を購入するために5回に分けて「円からドル」への両替を実行しました。

日時為替レート振替額受取ドル
11/17109.3220万円1829.49
11/22111.3420万円1796.29
11/24111.0320万円1801.31
11/25112.9820万円1770.22
11/28113.5740万円3522.04
合計

【平均】

111.94

120万円10719.35 

 

このタイミングで為替振替を実行した理由

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利したことで、選挙前の「1ドル=105円」からわずか2週間足らずで「1ドル=111円」まで一気に円安ドル高へと動きました。

 

これはアメリカ政府の財政赤字が増加し、米国債の信用が低下することを見越して急激に売られたことが原因です。(一般的に米国債が売られると為替はドル高に動きます。)

 

このまま2015年の「1ドル=120円」まで円安に動いてもおかしくないと感じたので、動き出しが遅れましたが為替振替を実行することにしました。

 

米国債の利回りが上昇するとドル高になる一方ですが、米国債が過度に売られ過ぎると逆に急激なドル安になるリスクがあります。米国債の利回りが上昇し続けるのであれば、「短期的なドル高⇒急激なドル安」へと転換するときが必ず来ます。

 

したがって、個人的には短期的にドル高、中長期的にはドル安になると見ています。ただ、いずれは日本がデフォルトして円にとってのハイパーインフレが起きると考えているため「1ドル=110円」というタイミングで確実に為替振替することを選びました。

関連 「リスク回避の円高」は遅くとも2030年までに終了する

 

平均取得レート

過去すべての為替振替をまとめた表は以下の通りです。

 平均レート振替金額受取ドル  
2016120.147円58万6315円$4880  
2017113.739円600万円$52752.43  
114.281円658万6315円$57632.43

これまで円からドルに両替した合計金額は、658万6315円となりました。2016年11月28日時点の平均取得レートは、1ドル=114.281円です。