Amazonギフト券|初回チャージで1000円分もらえる

【資産公開】セミリタイアを実現するための株式ポートフォリオ【2019年9月】

ひろめ

複利のチカラで億り人のひろめ(@hiromethods)です。

今回は2019年9月28日(土)に集計した資産評価額とポートフォリオを紹介します。毎月の定点観測ですね。

それでは今月もいってみましょう(^_^)/

アセットロケーション(資産配分)

日本株221万円13.8%
米国株876万円54.8%
米国債3万円0.2%
USドル2万円0.1%
日本円497万円31.1%
合計1599万円100.0%

2019年9月の円建て評価額は、1599万円でした。為替レートは1ドル=107.964円で計算しています。ひと月前と比べて、1.6円ほど円安に動きました。

米国株ドル建て口座ポートフォリオ

2019年9月28日(土)時点で保有している米国株の円建て換算額は、876万円(前月比+4万円)でした。円安に動いたことで意外にも前月比プラスになってます。

特定口座

銘柄保有株数平均
取得株価
MO850株57.91ドル
BTI310株41.60ドル
ABBV23株70.50ドル
WWR12株96.00ドル
WBK4株25.02ドル
VGSH5株61.10ドル

NISA口座

銘柄保有株数平均
取得株価
IBM170株152.89ドル
BTI282株38.32ドル

主力のアルトリアグループ(MO)は先月からさらに52週安値を更新し、株価は約40ドルまで下げてます。

直近1年の調整後希薄化EPSは4.03ドルで実績PERは10倍を割ってますから、そろそろ反発してもいいと思うんですけどね。

まだまだ株価は下がり続けるかもしれないですが、個人的になんとなく底を打ったような気がしてます。

受取配当金(米国株)

特定口座

銘柄株数合計
(税引後)
VGSH5株0.43ドル

今月は特定口座で保有中のVGSHから0.43ドルの分配金が入りました。

債券ETFは毎月分配金が入るので、権利落ち日を気にせず好きなときに売買できます。短期米国債は値動きがほぼないので、USドルの待機資金置き場にちょうどいいです。

NISA口座

銘柄株数合計
(税引後)
IBM135株196.83ドル

NISA口座で保有中のIBMからも196.83ドルの配当金が入りました。米国株なので、手取りは10%の税率が源泉徴収された後の金額になります。

米国株の合計受取配当金

口座種別受取配当金
特定口座0.43ドル
NISA口座196.83ドル
197.26ドル

9月は日本円換算で約2万1000円の配当が入りました。保有銘柄が増えてきたせいか、思ったより頻繁に配当が入金されます。少額だとしても定期的なキャッシュフローがあるだけで安心感がありますね。

日本株ポートフォリオ

2019年9月28日(土)時点で保有している日本株の評価額は、221万円(前月比+3万円)でした。

特定口座

銘柄保有株数平均
取得株価
JT(2914)200株2914円

NISA口座

銘柄保有株数平均
取得株価
チャームケア(6062)800株1500円

リセッションに入ると日本株は大きく値下がりする傾向にあるので、暴落が起きても保有し続けられる銘柄だけ残しています。

JTの含み損はー19%(含み損は11万1900円)です。先月より少しだけ株価が反発して配当利回りは約6.5%となっています。

受取配当金(日本株)

特定口座

銘柄株数合計
(税引後)
JT(2914)200株12,272円

今月は特定口座で保有中のJT(2914)から12,272円の配当金が入りました。含み損が11万9000円あるのでトータルではまだマイナスです。

無リスク資産の割合

無リスク資産502万円31.4%
株式1097万円68.6%
合計1599万円100.0%

ポートフォリオに占める無リスク資産の割合は、31.4でした。無リスク資産は「日本円+USドル+短期米国債」の合計額で集計してます。

日本株と米国株どちらも評価額が横ばいで現金も大きく増えなかったため、特に大きな変化はありませんね。

【2019年9月】セミリタイアを実現するためのポートフォリオまとめ

2019年9月の資産評価額は、1599万円(前月比+21万円)でした。

2019年に入ってからの資産推移は、1月が+39万円、2月が+190万円、3月が+64万円、4月が-17万円、5月が-27万円、6月が-69万円、7月が+102万円、8月が-86万円、9月が+21万円となってます。

体感的に前月比マイナスだろうと思っていたら、意外にも前月比プラスになりました。うれしい誤算ですね。

毎月のように配当が入ってくるようにもなってきたので、配当再投資で保有銘柄のバランスを少しずつ整えていきます。