MENU

ニュースレターを購読する

【ポートフォリオ】資産評価額を公開【2018年3月】

「複利のチカラで億り人」のひろめ(@hiromehods)です。2018年3月31日(土)の資産評価額(ポートフォリオ)を集計しました。毎月の定点観測になります。

前回 【ポートフォリオ】資産評価額を公開【2018年2月】

それでは今月もいってみましょう(^_^)/

ポートフォリオ

金ETF56万円4.4%
原油ETF6万円0.5%
日本個別株114万円9.0%
米国個別株864万円68.0%
ドル15万円1.2%
215万円16.9%
合計1270万円100.0%

 

2018年3月の円建て換算額は、1270万円でした。為替レートは1ドル=106.28円となってます。ひと月前より0.6円くらい円高になってますね。株価が戻ったおかげで資産は前月比+41万円でした。

 

米国株保有銘柄

2018年3月31日(土)時点の米国個別株は、円建て換算額が864万円でした。前月比で言うと+14万円です。売買がなかったので先月から特に変更はありません。

銘柄保有株数平均取得株価
IBM245株148.61ドル
T275株32.78ドル
NGG150株58.65ドル
GSK250株39.0ドル
UL100株38.90ドル
RIG570株10.35ドル
CPE240株17.45ドル
TDW19株119.37ドル
HMY400株2.50ドル
WWR600株1.92ドル

※特定口座とNISA口座の合計

 

キャッシュ(現金)比率

キャッシュ230万円18.1%
個別株978万円77.0%
コモディティ62万円4.9%
合計1270万円100.0%

 

キャッシュ(現金)は「ドル+円」の合計額です。ポートフォリオ全体に占めるキャッシュポジション(現金比率)は、18.1%でした。ポートフォリオ全体に占める株の割合がまだまだ大きいので、現金の割合が回復するまで個別株の購入は控えなければなりません。しばらくは配当と給与でキャッシュを補充します。

 

【2018年3月】ポートフォリオまとめ

先月は-120万円でしたが今月は+41万円ということで少し戻りましたね。月10万円ほどの貯金があるので実際に戻したのは約30万円ということになります。

 

為替レートは1ヶ月前より若干の円高にもかかわらず、外国株の円建て評価額が+14万円でした。これは株価が戻ったからですね。NISA枠で保有している日本株のチャームケア(6062)も前月比+10万円となっています。

 

2018年は株と為替のボラティリティが高くなって先行き不透明感が出てきています。ですが、この程度の下げでは買いたくなるような割安銘柄は出てきませんね。

 

下げるのであれば明らかに割安といえる水準まで下がってくれると助かるのですが、そのような展開はすぐ来ないように思います。買いたいと思える割安銘柄が出てくるまでは、来たるべきときに備えて淡々とキャッシュを積み上げていくだけです。

関連 【家計簿公開】独身一人暮らし男性の給与&生活費【2018年2月】

Facebook Twitter Feedly
SHARE