【RIG】トランスオーシャン2017年第3四半期(3Q)決算発表

2017年11月1日(水)米国市場引け前に、トランスオーシャン(RIG)が2017年第3四半期(7月~9月)決算発表を行っています。

前回決算 【RIG】トランスオーシャン2017年第2四半期(2Q)決算発表

決算概要

【RIG】

2017年3Q

市場予想 決算
EPS

-0.04¢

0.16¢
売上高 7.03億ドル

8.08億ドル

・売上高成長率は、前年同期比-10.82でした。

決算発表後の株価の動き

この決算発表を受けて、トランスオーシャン(RIG)の株価は1株10.48ドル(前日比-0.19%)で取引を終えました。

2017年11月1日(水)終値:1株10.48ドル

前回に続いて今回の決算でも、EPS、売上高ともに市場予想を上回りました。EPS(1株あたりの利益)が市場予想マイナスだったのに対し、きっちりプラスの決算を出しています。

【トランスオーシャン(RIG)の日足チャート】

損益

2016年8月にトランスオーシャン(RIG)を新規購入しています。購入して1年3ヶ月が経ちました。なんとか少しだけ含み益が出ている状況です。

銘柄 株数 平均取得株価 損益 リターン

RIG

570株 10.35ドル +74.1ドル +1.25%

※損益及びリターンは、2017年11月1日(水)終値の株価10.48ドルで計算しています。

関連記事  【RIG】トランスオーシャンを10.35ドルで570株購入しました

2017年10月に入ってから、原油価格が少し上向きに転じつつあります。そのため、トランスオーシャン(RIG)の株価も持ち直してきました。延期になっているサウジアラムコのIPOも2018年には実施されるハズですので、原油価格の上昇に期待したいと思います。

まとめ

トランスオーシャン(RIG)が、今回も市場予想を上回る決算を発表してくれました。ここ1年ほど同社の決算を追っているのですが、原油価格が低迷しているわりによく健闘していると思います。

負債比率も低くファンダメンタルがしっかりしているうえに、これだけ毎回きっちりと決算を出してくれてますから安心して保有することができています。

あとは原油価格が上がれば株価がきっちり上昇していくと思うので、ゆったりと気長に待とうと思います。

関連記事です。原油価格に連動する小型株のボラティリティに比べたら、大型株の値動きなんてほとんど誤差のようなものです。

私が保有する原油関連銘柄のパフォーマンスを振り返りながら考えられるリスクとメリットについてまとめました。ボラティリティが高い銘柄の購入を検討する際に、何かしらの参考になればと思います。

ワンクリックで「はてなブックマーク」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「複利のチカラで億り人」RSSフィード

follow us in feedly

「ひろめ@複利のチカラで億り人」ツイッター

———————————————————————————————–

☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
———————————————————————————————–

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

SNSフォローボタン