米国株ニュースレター配信中

【RIG】トランスオーシャン2017年第2四半期(2Q)決算発表

 

2017年8月2日(水)米国市場引け前に、トランスオーシャン(RIG)が2017年第2四半期(4月~6月)決算発表を行っています。

前回決算 【RIG】トランスオーシャン2017年第1四半期(1Q)決算発表

 

決算概要

【RIG】

2017年2Q

市場予想決算
EPS-0.11ドル0.17ドル
売上高7.16億ドル7.51億ドル

・売上高成長率は、前年同期比-20.0%でした。

 

決算発表後の株価の動き

この決算発表を受けて、トランスオーシャン(RIG)の株価は前日比+7.18%上昇し、1株9.25ドルで取引を終えました。

2017年8月3日(水)終値:1株9.25ドル

今回の決算では、EPS、売上高ともに市場予想を上回りました。前回の第1四半期(1Q)決算に続いて、EPS(1株あたりの利益)が市場予想マイナスだったのに対し、きっちりプラスの決算を出しています。

 

【トランスオーシャン(RIG)の日足チャート】

 

損益

2016年8月にトランスオーシャン(RIG)を新規購入しています。購入して1年が経ちましたが、10%ほど含み損を抱えています。

銘柄株数

平均

取得株価

損益

RIG

570株10.35ドル-627ドル(-10.62%)

※損益及びリターンは、2017年8月3日終値の株価9.25ドルで計算しています。

関連記事 【RIG】トランスオーシャンを10.35ドルで570株購入しました

 

この1年で、株価は急騰したあとに急降下しています。まるでジェットコースターのような値動きでした。ちなみに、S&P500の採用銘柄のなかで、2017年1月~7月のリターンが最も悪かったのが、このトランスオーシャン(RIG)でした。

 

まとめ

トランスオーシャン(RIG)が、前回の決算に続いて市場予想を上回る決算を発表してくれました。ここ1年で立て続けに市場予想を上回る決算を出している同社ですが、原油価格が低迷を続けているだけになかなか株価が上昇してくれません。

 

本格的に株価が上昇するには原油価格の高騰が必須ですので、まだまだ時間がかかると思います。ですが、原油価格の低迷が長期化している状況でも健闘してくれていますので、いずれ高騰してくれるのではないかと期待しています。

次回 【RIG】トランスオーシャン2017年第3四半期(3Q)決算発表