【APPL】アップル2016年第3四半期(3Q)決算発表

 

2016年7月26日(アメリカ現地時間)引け後にアップルが第3四半期(4月~6月)の決算を発表しています。

前回決算 【APPL】アップル2016年第2四半期(2Q)決算発表

 

決算概要

【APPL】

2016年3Q

市場予想決算
EPS1.38ドル1.42ドル
売上高421億ドル423.6億ドル

来期売上高

予想ガイダンス

458億ドル455~475億ドル

 

決算後の株価の動き

この決算発表を受けて、アップルの株価は7%上昇し、1株103ドルに値上がりしました。2016年7月29日現在も1株104ドルで推移しています。

 

今回の決算は、市場が思っていたほど悪くありませんでした。前年同期より「売上高が14.6%減少」していますが、全体としてコンセンサス予想よりも決算内容が上回っていたので株価が上昇しています。

 

個人的には買い増しを検討

私はアップルを20株(平均取得価格:94.8ドル)保有しています。

 

短期的にみると減収減益で業績は落ちていく見込みですが、自社株買いや増配を毎年継続する可能性が非常に高い企業です。

 

市場ではNYダウが史上最高値を更新しているにもかかわらず、過去の平均PERと比較すると、現在の株価は明らかに割安な水準です。

 

これは右肩上がりだった「iPhone」販売台数が、発売以来はじめて減少していることが原因です。(成長見込みがなくなったので株が売られた。)

 

アップルは今年に入ってバフェット率いるバークシャー・ハサウェイが新規に購入し始めたと話題になった銘柄でもあります。

参考 私が購入したアップル株、なんとバークシャー・ハサウェイも購入していたことが判明!

 

今回の決算では市場予想を上回り株価が急上昇しましたが、IBMのように減収減益が継続していく見込みですので、買い増しのチャンスがやってくると思います。個人的には、1株94ドルを目安に買いのチャンスをうかがっていきたいと思います。

次回決算 【APPL】アップル2016年第4四半期(4Q)決算発表