米国株ニュースレター配信中

【Amazon Mastercard】クラシックとゴールドの違いとは?

Amazon Mastercardとは?

三井住友カード株式会社がAmazonと提携して発行しているクレジットカードです。クレジットカードの名称にAmazonが入っているだけあって、Amazonでのお支払いにこのクレジットカードを使うと、お支払金額の1.5%~2.5%という高ポイント還元を受けれます。

 

ポイントはすべてAmazonでのお買い物に利用できるAmazonポイントとして貯まります。ポイント有効期間は1年となってますが、ポイントが貯まるたびに、もしくはAmazonで注文が確定するたびに有効期間が1年延長されますので、普通に使っていれば有効期限がきれないようになっています。

ひろめ

クレジットカードのポイントってなかなか消化しづらいものもあるんですが、Amazonポイントなら非常に使いやすいのでいいですよね。

Amazon Mastercardには「クラシック」と「ゴールド」の2種類があります。

 

  • お買い物でAmazonポイントが貯まる
  • 貯まったAmazonポイントは自動でアカウントに反映
  • Amazon Mastercardゴールドは、プライム会員無料
  • Amazon Mastercardゴールドは、本10%ポイント還元(コミック・雑誌は除く)

 

Amazon Mastercardの申し込みから審査までどのくらい時間がかかりますか?

無料の即時審査サービスを利用すると、必要事項を入力してから最短3分程度で、上限30,000円まで利用可能なテンポラリーカードの番号が発番されます。即時審査サービス対象外の場合には、通常審査サービスのご利用で最短3営業日から3週間程度の審査が必要となります。

テンポラリーカードについて

即時審査サービスで申し込むと、Amazonテンポラリーカードの番号が発行されます。カードは発行されず番号のみが発行され、登録日の翌々月末日まで使うことができます。上限金額は3万円までとなっています。テンポラリーカードでの利用分も正式なカードと同じく、Amazonポイントが自動で貯まります。利用代金は、指定したお支払い口座から引き落とされます。

 

なお、テンポラリーカードでのお買い物はすべて、商品の発送先住所がカード申し込みの際に指定した住所となります。商品の受け取り住所を変更したい場合は、正式なカードを受領後でないとできないのでご注意ください。

 

Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシックは、年1回以上のカード利用で年会費無料になるクレジットカードです。年1回の利用はAmazon以外でも問題ありません。もし年1回の利用がなかった場合には、年会費1,350円が発生します。ちなみに、初年度は無条件で年会費無料です。

 

ポイント還元率は、Amazonでのお買い物だと優遇されます。Amazonでのお支払いにクラシックカードを使うと、プライム会員なら2.0%、プライム会員以外でも1.5%のAmazonポイントが還元されます。

 

Amazon以外でのお買い物でも常に1.0%のAmazonポイントが還元されますので、一般的な他のクレジットカードよりもポイント還元率は高めと言えますね。

 

クラシックカードの利用締め日と支払い日は以下のようになっています。

利用締め日月末
支払い日翌月26日(土日祝の場合は翌営業日)

 

リンク Amazon Mastercardクラシック申し込みページ

 

   

Amazon Mastercardゴールド

Amazon Mastercardゴールドは、年会費に10,800円の費用がかかるクレジットカードとなっていますが、「マイ・ペイすリボ」の無料登録をして年1回以上カード利用するだけで、2年目の年会費が5,400円引になります。

 

さらに「カード利用代金WEB明細書サービス」を利用して年6回以上の請求があれば、2年目以降の年会費が1,080円引になります。

  1. 年会費5400円引き:「マイ・ペイすリボ」に登録+年1回以上カード利用
  2. 年会費1080円引き:「WEB明細書サービス」利用(1年6回以上の請求が条件)

よって、合計6,480円の割引となりますので、2年目以降の年会費は実質4,320円(税込)となります。

計算式
10,800円-5,400円-1,080円=4,320円

つまり、すでにAmazonプライム会員ならプライム会員の年会費3,900円(税込)が無料になるため、実質年会費プラス420円でゴールドカードが持てることになります。

計算式
4,320円-3,900円=420円

年420円でAmazonでの買い物が0.5%ポイント還元率アップとなるので、2年目以降の損益分岐点としては「年84,000円以上Amazonで買い物する人」はゴールドカードにした方がおトクです。ただし、初年度は割引が効かないので、年30万円以上Amazonで買い物しないとその年に関しては損する計算になります。

 

1年で自分がどれくらいAmazonで買い物するかを見極めるには、過去の注文履歴の集計が参考になります。集計結果を見たうえで、ゴールドカードにした方がトータルでおトクなのかを判断するのといいでしょう。

Check! Amazon注文履歴(アカウントサービス)

 

ゴールドカードの利用締め日と支払い日はクラシックカードと同じく以下のようになっています。

利用締め日月末
支払い日翌月26日(土日祝の場合は翌営業日)

 

リンク Amazon Mastercardゴールド申し込みページ

 

Amazon Mastercardの申し込み方法

Amazon Mastercardを申し込むにはAmazonアカウントが必要となります。Amazon Mastercardクラシックなら、高校生を除く満18歳以上で未成年の人は親権者の同意が必要です。Amazon Mastercardゴールドは、原則として満20歳以上かつ、安定した継続収入のある人が発行できるクレジットカードとなっています。

  1. 「Amazon Mastercardクラシック」、「Amazon Mastercardゴールド」の詳細ページでページ右の今すぐ申し込むをクリック
  2. 外部のウェブサイト(三井住友カード)に移動しますので、通常の方法で申し込むか即時審査で申し込むかを選択
  3. ウェブサイトの指示にしたがって申し込みに必要な情報を入力

 

即時審査サービスを申し込んだ場合は、申し込み後3分ほどで審査結果が出ます。ただし、即時審査サービスには以下の条件を満たしていないと利用できないので注意しましょう。

  • 満20歳以上
  • 9時~19時の申し込み限定
  • 指定金融機関の口座をお支払い口座に登録

 

その他、入会に関する質問はAmazon Mastercard入会案内デスク(下記参照)で受け付けています。

 

   

クラシックからゴールド、ゴールドからクラシックへの切替えも可能

クラシックカードからゴールドカード、ゴールドカードからクラシックカードへの切替えも可能です。同時に2枚持つことはできないので、どちらかを選択することになります。

 

クラシックからゴールドへの切替えは、三井住友カード会員サイトVpassへログインして「カードの種類を切替える」から手続きすることができます。

 

ゴールドからクラシックへの切替えは書面での手続きが必要となります。三井住友カード会員サイトVpassへログインして、専用の切替え申込書を請求して手続きを行います。

 

【Amazon Mastercard】クラシックとゴールドの違いまとめ

Amazon Mastercardクラシックとゴールドの違いをメインにここまで解説してきました。ゴールドカードを選ぶとおトクな人の条件は以下の2つが目安になります。

  • Amazonプライム会員を今後も継続する
  • Amazonでの買い物金額が年間10万円以上

 

2年目以降の損益分岐点をクラシックと比べると、年8万4000円以上Amazonで買い物することでしたので、それを超える10万円以上のお買い物をすれば長い目で見てトータルでおトクだと思います。

 

逆にクラシックカードの方がおトクな人の条件は「Amazonプライム会員でない」ことです。高還元クレジットカードを持っておらず、Amazonをよく利用する人は実質年会費無料のAmazon Mastercardクラシックを作ると高ポイント還元が受けれるようになりますね。

 

新規入会でAmazonポイント2,000円分がもらえる

Amazon Mastercardクラシック