【2017年7月】資産内訳を公開

 

2017年7月29日(土)時点の資産内訳をまとめました。

 

2017年7月は米国株をけん引している大手ハイテク銘柄の決算発表が行われています。アルファベット(GOOGL)、アマゾン(AMZN)は決算発表で着実に成長を続けているものの、市場からの高い期待に応えることができず株価は下落しました。一方、フェイスブック(FB)、マイクロソフト(MSFT)は、期待以上の決算が出たことから株価が上昇しています。

 

2017年7月28日(金)のドル円終値は「1ドル=110.70円」でした。ひと月前と比べると、少しだけ円高に動いた感じでしょうか。

前回 【2017年6月】資産内訳を公開

それでは2017年7月末の資産内訳を見ていきたいと思います。

 

ポートフォリオ内訳

金ETF57万円5.19%
原油ETF5万円0.45%
日本個別株119万円10.83%
米国個別株564万円51.32%
ドル112万円10.19%
242万円22.02%
合計1099万円100.00%

すべて日本円換算で計算しています。

円建て合計金額は、1099万円でした。

金ETF(1540)、原油ETF(1699)は、2014年のNISA枠で購入しました。2014年NISA枠で購入したものは、5年が経過する2018年のうちに全て売却して、新たに2019年NISA枠で米国株を購入する予定です。

原油関連のポジションは、サウジアラムコのIPOが完了する時期を目安に売却するつもりで保有しています。

 

米国株保有銘柄

2017年7月29日(土)時点の米国個別株は、円建て換算額が564万円でした。保有銘柄の内訳は以下になります。7月も特に売買していないので特に変化はありません。

銘柄保有株数平均取得株価
IBM245株148.61ドル
UL100株38.90ドル
RIG570株10.35ドル
CPE240株17.45ドル
TDW600株3.80ドル
HMY400株2.50ドル
URRE600株1.92ドル

※銘柄表記は、ディッカーシンボルです。

平均取得株価には売買手数料が含まれていません。保有株数は特定口座とNISA口座を合計したものになります。

 

キャッシュ比率

キャッシュ354万円32.21%
個別株683万円62.15%
コモディティ62万円5.64%
合計1099万円100.00%

キャッシュ(現金)は「ドル+円」の合計額です。

ポートフォリオ全体に占めるキャッシュポジション(現金比率)は、32.21%でした。

 

今月はIBMの第2四半期(2Q)決算発表でした。結果は21四半期連続の減益で内容も悪かったです。株価も140ドル代前半まで下がり、52週安値を記録しています。IBMの平均取得株価は特定口座とNISA口座合わせて148.61ドルですので、遂にIBMも含み損の世界に突入しました。

 

先月の米国個別株の評価額が576万円で、今月が564万円でしたので、前月比-12万円だったことになります。IBMのポジションが大きいだけに株価下落の影響で資産額が減るかと思いましたが、まだそれほどでもありませんでした。

 

IBMの含み損が大きくなるということは、そのぶん配当利回りが高い状況で追加購入できるチャンスが訪れることを意味するので歓迎すべきことです。個人的に、株価が下がれば下がるほどテンションが高くなるのはそのためです。もし、130ドルまで下がる場面が出てきたら、再び買い始めようと思います。

翌月 【2017年8月】資産内訳を公開

Facebook Twitter Feedly
SHARE