【2017年2月】資産内訳を公開

 

2017年2月25日(土)時点の資産内訳をまとめました。

 

2017年2月は、NYダウが12営業日連続で終値の過去最高値を更新しました。これは1987年以来30年ぶりの出来事のようです。

 

これだけ米国株が買われた要因のひとつに、税制改革への期待感があげられます。2月9日にトランプ大統領が「向こう2、3週間に税、および航空インフラ開発に関して驚くべき発表を行う。」と発言しました。これがきっかけで、上昇が止まっていたNYダウに再び火がつき、9日から27日までひたすら上昇を続けました。

 

ドル円の2017年2月24日(金)終値は「1ドル=112.15円」でした。

ひと月前が1ドル115円くらいでしたから、それなりに円高に動いた印象です。1ドル110円あたりまで動いてくれたらドル転への両替を実行したいですね。

前回 【2017年1月】資産内訳を公開

それでは2017年2月末の資産内訳を見ていきたいと思います。

 

ポートフォリオ内訳

金ETF57万円4.6%
原油ETF5.6万円0.5%
日本個別株108.2万円8.8%
米国個別株708万円57.7%
ドル107.2万円8.7%
242万円19.7%
合計1228万円100.0%

すべて日本円換算で計算しています。

円建て合計金額は、1228万円でした。

金ETF(1540)、原油ETF(1699)は、2014年のNISA枠で購入しました。

原油関連のポジションは、サウジアラムコのIPOが完了する時期を目安に売却できればいいと考えています。

 

米国株保有銘柄

2017年2月25日(土)時点の米国株個別株708万円の内訳は以下になります。

銘柄保有株数平均取得株価
IBM245株148.61ドル
UL100株38.90ドル
RIG570株10.35ドル
CPE240株17.45ドル
TDW600株3.80ドル
HMY400株2.50ドル
URRE600株1.92ドル

※銘柄表記は、ディッカーシンボルです。

平均取得株価には、売買手数料が含まれていません。

保有株数は、特定口座とNISA口座の合計です。

 

今月の購入

・アイ・ビー・エム(IBM) 

先月に続き、NISA枠と特定口座でIBMを追加購入しました。

【IBM】購入日時口座種別購入株数平均取得株価
2月15日(水)NISA口座28株181.07ドル
2月15日(水)特定口座15株181.07ドル

IBMの株価チャートを見ると180ドル付近にサポートラインがあり、この180ドルのサポートラインを上にブレイクしたら、次は180~200ドルのレンジで株価が動く可能性が高いと判断したため、1株181.07ドルで追加購入しています。

詳細 【IBM】43株@181.07ドルで追加購入!はやくも2017年NISA枠を使い切りました

 

・ウラニウム・リソーシズ(URRE)

購入日時購入株数平均取得単価
2月28日(木)600株1.92ドル

「100万円から配当金生活」シリーズの検証枠で新規購入ました。

この銘柄は2007年11月に1株1570ドルまで上昇しており、何らかのきっかけで株価が急騰すれば10倍はおろか100倍も現実的な銘柄なのではないかと考え、購入に至りました。

言うまでもなく非常にキケンな投資であるため、株価ゼロになってもいいように投入資金は1000ドル程度に抑えています。

 

キャッシュ比率

キャッシュ349.2万円28.4%
816.2万円66.5%
コモディティ62.6万円5.1%
合計1228万円100.0%

キャッシュ(現金)は「ドル+円」の合計額です。

ポートフォリオ全体に占めるキャッシュポジション(現金比率)は、28.4%でした。

 

2017年1月、2月と立て続けにIBMを追加購入しているので、キャッシュポジションが先月よりも減少しています。

 

ここ数ヶ月、米国株式の暴落に備えて保有銘柄の入替えを行ってきました。原油関連のポジションが少し多めなので、そこがちょっと心配ですが、それ以外はいい感じでポートフォリオが組めていると思います。

 

暴落に備えて一定のキャッシュは常にキープしながらも、まだまだ予定購入金額に達していないIBMの追加購入は状況に応じて実行していきたいと思います。

翌月 【2017年3月】資産内訳を公開

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。