米国株ニュースレター配信中

【100万円から配当金生活】タイドウォーター(TDW)の株価下落が止まりません!

 

「100万円から配当金生活」シリーズの定期報告です。

前回 【100万円から配当金生活】ハーモニーゴールドマイニング(HMY)を新規購入

 

ルールの確認

100万円を元手に年間受取配当120万円(税引後)を目指します。

ルール詳細 【100万円から配当金生活】検証スタート!タイドウォーター(TDW)を新規購入

 

タイドウォーター(TDW)の株価下落が止まらない

原油価格は堅調に推移しているのにタイドウォーター(TDW)の株価は、私が購入してから下がり続けています。

銘柄株数平均取得株価損益リターン
TDW19株119.37ドル−1452ドル

−63.68%

※損益及びリターンは、2017年2月17日終値の株価43.35ドルで計算しています。

 

こんなにも下落している理由について色々調べてみたのですが、日本語での情報が見つからずなぜなのか分かりませんでした。おそらくですが、有利子負債の返済が困難な状況で倒産リスクが現実的になっているのではないかと推測します。

 

この銘柄を買うときに倒産リスクも認識したうえで購入しているので、もちろんこのままホールドします。購入金額が2000ドル程度と少額なのも気にせず保有できる強みになっています。

 

現在のポートフォリオ

銘柄保有株数ドル建て評価額円建て評価額
TDW19株828ドル93448円
HMY400株1112ドル125500円
USドル5609.86ドル633128円
合計7549.86ドル852076円

※評価額は、2017年2月17日時点の終値で換算しています。ドル円は、1ドル112.86円で円建て換算しています。

 

タイドウォーター(TDW)の含み損が効いているものの、全体として新規投資に使えるキャッシュが十分残っています。この検証では、下手すると株価10分の1になるような銘柄ばかり保有していますので、まだまだこの程度の値動きで一喜一憂するレベルではありません。

 

新規で購入したい銘柄もありますので、買うときは覚悟を決めてスパッと買えるようにしたいと思います。

 

狙っている銘柄

株価テンバガー、あわゆくば100倍、1000倍を狙うこの検証で狙っている銘柄があります。その銘柄はウラニウム・リソーシズ(URRE)という銘柄です。名前のとおりウランの生産で利益を出す銘柄なのですが、はっきり言ってボロ株にあたります。ウラン価格に連動しやすい銘柄です。

 

2017年現在はウランの生産活動を中止しています。生産を再開するのは2018年以降になる見通しです。この銘柄は値動きが非常に激しく、個人的にはファンダメンタル(PERやPBR)による割安割高の判断がつかない海外の怪しい銘柄といったところだと認識してます。

 

なぜこの銘柄に注目したかというと、2007年11月に1株1570ドル付近まで上昇していたという過去のデータがあるためです。現在の株価は2ドル付近ですので、何らかのきっかけで株価が急騰すれば10倍はおろか100倍も現実的な投資先なのではないかと考えています。言わずもがな非常にキケンな投資先でありますので、株価ゼロになってもいいように投資資金は1000ドル~2000ドル程度までにする予定です。

 

ここ数ヶ月ウラニウム・リソーシズ(URRE)の株価をウォッチしていて気づいたことがあります。それはマーケットがリスクオフのときに株価が上昇しやすく、リスクオンのときに株価が下落しやすいということです。できれば1株1ドル付近で購入したかったのですが、2倍の1株2ドル付近まで株価が上昇してしまいました。

 

購入タイミングについては、値動きが非常に荒い銘柄になりますので、あせらず下がってきたところを拾えるチャンスが来るまで待ち続けようと考えています。1株1.8ドルのサポートラインと50日移動平均線で2回ほど反発しているので、その付近を目安に1000ドル程度購入できればと考えています。 

 

関連記事です。10倍や100倍を狙うならビットコインに投資するという手もあります。

関連 【100万円から配当金生活】仮想通貨ビットコインは夢がある

 

また、ビットコインだけでなくVALUにも大きな可能性がありますね。私は「100万円から配当金」シリーズの予算枠で、40万円ほど資金を投入することにしました。

関連 【100万円から配当金生活】VALUに本格参戦しました!