MENU

ニュースレターを購読する

【2017年12月】資産内訳を公開

 

2017年12月30日(土)時点の資産内訳をまとめました。

 

2017年12月29日(金)のドル円レート終値は「1ドル=112.61円」でした。ひと月前と比べると、1円ほど円安に動いています。

前回  【2017年11月】資産内訳を公開

 

それでは2017年12月末のポートフォリオを見ていきたいと思います。

 

ポートフォリオ内訳

金ETF59万円4.49%
原油ETF6万円0.46%
日本個別株135万円10.27%
米国個別株928万円70.57%
ドル10万円0.75%
177万円13.46%
合計1315万円100.00%

※すべて日本円換算で算出しています。

 

2017年の年末円建て合計資産は、1315万円でした。

 

金ETF(1540)、原油ETF(1699)は、2014年のNISA枠で購入しています。2014年のNISA枠で購入したものは5年が経過する2018年のうちに全て売却する予定でしたが、120万円を超えても無制限にロールオーバーできることになったため、チャームケア(6062)の株価によってはそのままロールオーバーするかもしれません。

 

原油ETF(1699)以外にも米国個別株で原油関連の小型株を持っています。これらはサウジアラムコのIPOが完了する時期を目安に少しづつ売却するつもりで保有しています。

 

米国株保有銘柄

2017年12月30日(土)時点の米国個別株は、円建て換算額が928万円でした。保有銘柄の内訳は以下のようになっています。11月の最後にナショナルグリッド(NGG)を新規で購入しています。

 

銘柄保有株数平均取得株価
IBM245株148.61ドル
T275株32.78ドル
NGG150株58.65ドル
GSK250株39.0ドル
UL100株38.90ドル
RIG570株10.35ドル
CPE240株17.45ドル
TDW19株119.37ドル
HMY400株2.50ドル
WWR600株1.92ドル

※銘柄表記は、ディッカーシンボルです。

 

平均取得株価には売買手数料が含まれていません。保有株数は特定口座とNISA口座を合計したものになります。

 

・ナショナルグリッド(NGG)を購入

11月24日にナショナルグリッド(NGG)を100万円ほど購入しました。配当利回りは約5%です。株価チャートの分析や詳しい購入理由などは以下ページに書きました。

詳細 【NGG】ナショナルグリッドを58.65ドルで150株購入

 

キャッシュ比率

キャッシュ177万円14.22%
個別株1063万円80.84%
コモディティ65万円4.94%
合計1315万円100.00%

キャッシュ(現金)は「ドル+円」の合計額です。

ポートフォリオ全体に占めるキャッシュポジション(現金比率)は、14.22%でした。

 

ナショナルグリッド(NGG)を100万円ほど購入したのもあって、ついに個別株のポジションが1000万円を超えました。株価が大きく崩れて円高になったらかなりのダメージを受ける状況です。ただ、個別株のポジションを増やすことで年間受取配当が20万円を超えることになります。株価が急落してもこの配当を原資にさらに株を購入していきます。

 

2017年末のポートフォリオまとめ

12月はボーナスと配当金が入ったことで、トータル資産を1315万円まで伸ばすことができました。ポ―トフォリオの株価が上がったことも寄与しています。

 

1年前の2016年末の資産を確認してみたところ、1238万円でした。1年で77万円のプラスです。2017年はIBMがホントに伸びず市場平均から置いてけぼり状態でした。筆頭株主のバークシャー・ハサウェイ(BRK.A)がIBMの大部分を売却するなんてこともありましたね。税制改革についても、すでに実行税率が低く抑えられているIBMは恩恵がありません。それでもヨコヨコで耐えてくれたのは株価が割安だったのと配当利回りのおかげでしょう。

 

ポートフォリオにおける個別株の割合がかなり増えてきたので、1年後の円建て資産は減っているかもしれません。しかし仮に資産が目減りすることがあっても、これまでまで通りやることは変えず、年間受取配当80万円を目指してコツコツと割安銘柄を買い集めたいと思います。

関連 アーリーリタイア実現に必要な2つの最低条件は意外にも手の届くところにあった

Facebook Twitter Feedly
SHARE