【2017年11月】給与&生活費を公開します

先月に続いて2017年11月も給与と生活費を公開していきます。

【先月の給与&生活費はこちら】

先月に続いて2017年10月も給与と生活費を公開していきます。 【先月の給与&生活費はこちら】 それでは、2017年10...

それでは、2017年11月の給与&生活費を見ていきましょう。京都府に住む独身一人暮らし男性の家計簿はこんな風になってます。

生活費
家賃 52,000円
食費 21,693円
光熱費等 18,365円
クレジットカード 12,667円
スポーツジム月会費 7,344円
日用品 12,109円
散髪費 1,080円
【2017年11月】支出合計 125,258円

2017年11月の生活費は、12万5258円でした。結果的に目標の支出額11万5000円を1万円近くオーバーしてしまいました。8月以降、4ヶ月連続で目標支出額をオーバーしている状況です。目標設定を見誤った感が出てきました。

11月は特に無駄な支出をした覚えがないので、現状これが最低限必要な生活費なのだろうと思います。家計簿をつけて支出推移を見える化することで、体感とのズレを認識できるようになってきました。2018年の目標支出額は、1万円引き上げて12万円5000円以下にするか検討したいと思います。

給与

2017年11月の手取り給与は、24万6713円でした。

給与から社会保険料(健康保険、厚生年金など)は天引きされていますが、住民税は差し引かれていません。転職した関係で2017年の住民税(約20万円)はすでに自分で納付済みです。

2018年からは住民税が天引きされることになるので、手取り給与はさらに減ることになります。住宅手当は手取り給与に入っています。今月は残業した分の残業代が少し上乗せされています。

独身一人暮らし男性の家計簿まとめ

収入 +246,713円
支出 -125,258円
【2017年11月収支】 +121,455円

11月の収支+12万1455円、給与に対する貯蓄率は49でした。

ボーナスなしで毎月10万円以上貯蓄できる状況というのは大きいです。今年のように株式投資のリターンが微妙でも、資産全体としては着実に増えてきますからね。

2017年11月は新規で200万円分の投資も実行できましたので、2018年の受取配当は税引後25万円を超える見込みです。1年の配当金で約2ヶ月分の貯蓄額が入ってくるのと同じ効果になります。

詳細 【T】AT&Tを32.78ドル(配当利回り5.98%)で275株購入

詳細 【NGG】ナショナルグリッドを58.65ドルで150株購入

この調子で生活水準を低く保ちながら無駄な出費を減らすことで、少しでも投資に回せるお金を増やしていこうと思います。

転職を機に2020年6月までの資産推移を計算したところ、意外にもアーリーリタイアが手の届くところまで来ていました。今後は2020年6月1日退職をターゲットに行動していきます。

▼米国株のリアルタイムな割安銘柄情報はメールで配信中

米国株投資を始めたばかりの初心者さん向けに高配当な割安銘柄情報を『米国株ニュースレター』で配信しています。

 

「複利のチカラで億り人」はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

「複利のチカラで億り人」RSSフィード

follow us in feedly

「複利のチカラで億り人」ツイッター

———————————————————————————————–

☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
———————————————————————————————–

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

SNSフォローボタン