【2016年11月】資産内訳を公開

 

2016年11月26日時点の資産内訳をまとめました。

 

今月はドナルド・トランプ氏が大統領選挙に勝利し、ドル円が急激に円安へと動きました。

11月25日(金)終値で「1ドル=113円」をつけています。

前回 【2016年10月】資産内訳を初公開

 

全資産の過半数が、ドル建て資産なので急激に円建て資産額が増えています。資産内訳は以下のようになっています。

金ETF54万円4.8%
原油ETF5万円0.4%
日本個別株109.4万円9.8%
先進国投資信託56万円5.0%
米国個別株444.6万円39.7%
ドル280万円25.0%
171万円15.3%
合計1120万円100.0%

全て円換算で計算しています。

円換算での合計金額は、1120万円でした。

金ETF(1540)、原油ETF(1699)、先進国投資信託(ニッセイ外国株式インデックスファンド)は、2014年のNISA枠で買っています。

 

当時は米国株への投資を考えていなかったこともあり、これらの投資信託を買いましたが、今は金ETF(1540)以外できるだけ早く処分したい考えです。

 

先進国投資信託は「1ドル=120円」まで円安になってから売却したいと考えています。

原油ETFは来年サウジアラムコのIPOがあるので、まだまだ上を見ています。

1バレル80ドルを目安に売却しようとしています。

余計なものは早めに売却して、バフェット銘柄に集中投資できるように備えようと思います。

 

キャッシュ比率

キャッシュ451万円
610万円
コモディティ59万円
合計1120万円

 

キャッシュ(現金)は、「ドル+円」の合計です。キャッシュポジションの割合は、40%でした。

 

今月はユニリーバ(UL)を1株38.9ドルで100株購入しました。円安ドル高で米国株の評価額が急上昇したこともあり、キャッシュポジションが先月よりも減少しています。

翌月 【2016年12月】資産内訳を公開