【2017年6月】雇用統計の振り返り

2017年6月2日(金)に2017年5月の非農業部門雇用者数(雇用統計)の発表が行われています。

【前回の雇用統計はこちら】

【2017年5月】雇用統計の振り返り
2017年5月5日(金)に2017年4月の非農業部門雇用者数(雇用統計)の発表が行われています。 【前回の雇用統計はこちら】 【20...

【2017年5月】非農業部門雇用者数

予想

+18万5000人

結果

+13万8000人

前回発表の4月非農業部門雇用者数は、+21.1万人から+17.4万人に大きく下方修正されました。

その他重要指標

2017年5月 予想 結果
失業率 4.4% 4.3%
平均時給(前年比) +2.6% +2.5%
平均時給(前月比) +0.2% +0.2%

前回発表の4月平均時給(前月比)は、+0.3%から+0.2%へ下方修正されました。

失業率4.3%というのは、2001年5月以来、16年ぶりの低水準らしいです。ですが、失業率はすでに5%以下の完全雇用になっており、それほど重要視されてはいません。

やはり注目されるのは平均時給です。前月比が市場予想通りの結果で、前年比が市場予想を0.1%下回る+2.5%でした。おおむね期待通りの結果が出ていることから、年3回の利上げペースに変更はないでしょう。

FFレート織り込み度

この発表を受けて、「6月14日公表予定のFFレート織り込み度(6月2日時点)」は以下のようになりました。

・金利据え置き(0.75-1.00%):7.3%

・0.25%引き上げ(1.00%-1.25%):92.3%

・0.50%引き上げ(1.25%-1.50%):0.0%

今回の雇用統計を受けて、6月FOMCで利上げされる確率は92.3となりました。

1か月前は利上げ確率が100%だったので、若干確率が下がったことになります。ただ、この確率なら間違いなく0.25%の利上げは実施されることになるでしょう。FRBは予定通りに動けています。

ドル円の動き

雇用統計発表直後は、市場予想を大幅に下回る非農業者部門雇用者数の結果を受けて大きく円高ドル安に動きました。2ヶ月前の4月は円高に大きく動いたあと値を戻しましたが、今月はそのまま円高ドル安方向へと動き続けた点が大きく異なりました。

21:30発表の瞬間は、1ドル111.425円から一気に110.910円まで円高ドル安に動きました。その後、21:35~翌日00:35にかけて、1ドル110.958円から110.331円まで動き、一貫した円高が続きました。

2017年6月2日(金)の終値は、1ドル110.426円で取引を終えています。

2017年6月2日(金)~3日(土)

21:30~21:35 1ドル111.425円 ⇒ 1ドル110.910円(変動幅:515pips)

21:35~00:35 1ドル110.958円 ⇒ 1ドル110.331円(変動幅:627pips)

00:35~02:45 1ドル110.354円 ⇒ 1ドル110.572円(変動幅:218pips)

02:45~朝5:25 1ドル110.548円 ⇒ 1ドル110.426円(変動幅:122pips)

まとめ

今回の雇用統計を受けて、6月14日のFOMCで予定通り政策金利(FFレート)が1.25%まで引き上げられる見通しとなりました。

これだけ立て続けに利上げされると株価への影響が心配になるかもしれませんが、この1.25%という数字は、歴史的に見ると依然として低水準です。過去のデータを参考にすると、本当に危ないのは政策金利(FFレート)が5%を超えたあたりからです。

参考 過去の暴落は政策金利が何%のときに起きたのか

今回の発表で非農業者部門雇用者数が13.8万人と市場予想を大きく下回ったのにかかわらず、米国株の主要指数は上昇しました。特にナスダックは前日比+0.94%と大きく上げています。

アメリカの著名投資家ジョン・テンプルトンの名言で以下の言葉がありますが、現在は楽観の中で成熟している最中だと思います。

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく

ージョン・テンプルトン

そのため、政策金利の低さなども含めてトータルで考えると、今後すぐに暴落がやってくるとは考えにくく、いよいよバブルというところまで上昇し続けるのではないかと感じます。

ただ一方で、2017年の米国株インデックス指数は1年を通してマイナスで着地すると私は思っています。おかしいな~と思いつつ、6月~10月のどこかで調整があるのではないかと期待しているのですが、果たしてどうなるでしょうか?

参考 【2017年投資方針】米国株は非常に厳しい年になる!?

-----------------------------------------------------------
☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
-----------------------------------------------------------

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

『複利のチカラで億り人』のSNSページはこちらです。