「リスク回避の円高」は遅くとも2030年までに終了する!

市場リスクが高まると、決まって「円高」になります。

これは日本の経常収支が35年以上もの期間プラスを維持しており、現在もその記録が途絶えていないからです。

しかしながら、遅くとも2030年までに「リスク回避の円高」は終了することになるでしょう。

極端なことを言うと、今年記録した「1ドル=100円」が2度と来ない可能性だってゼロではないのです。

その理由を解説します。

日本国債を所有しているのは、ほとんどが「日本人(個人)」です。

現在は「日本人(個人)」の資産が、「政府」の負債を上回っています。

2016年:「日本人の個人資産」 > 「政府の借金」

しかし、「日本人の個人資産」は人口減などにより毎年減少しています。

一方で、「政府の借金」は国債の返済などにより毎年増え続けています。

いずれ「日本人の個人資産」より「政府の借金」が大きくなってしまうのです。

2030年(見込み):「日本人の個人資産」 < 「政府の借金」

「政府の借金」が「日本人の個人資産」を上回る状態が実現すると、市場に関係なく確実に円安へと動きます。

もちろん、「リスク回避」として円が買われることもなくなります。

今すぐ急激な円安へと動くわけではないですが、長期的に見て円安になることは明らかなので、早めに為替振替するなどの円安を意識した投資戦略を考えることが大切です。

現在の為替レート「1ドル=105円」程度でも十分円高だと思いますので、為替振替を一部実行してもいいかもしれません。

一方で、まだまだ株価下落局面では円高になります。そのため、暴落するまであせらず円で貯金しておき、いざ株を買うときに為替振替を実行するのも一つの選択だと思います。

ドルで持っていてもインフレで価値が目減りしていくので、為替振替後はできるだけはやめに株を買った方が無難に感じます。

私はというと特定口座で購入する分は、「リスク回避の円高」を期待して円で多めに持っています。ただし、「1ドル=100円」を割り込む極端な円高局面では、一定金額ごとに95円、90円、85円、80円とナンピンするつもりでいます。

<引用元>

この記事は、東条雅彦さんのブログ・メルマガを参考に、私の視点も混ぜて書きました。

いつまで安全?「リスク回避の円買い」に走る外国人のナニワ金融道

東条さんのブログ・メルマガはとても分かりやすくて勉強になるのでオススメです。

メルマガは無料ですし、基本的に週1回(日曜18時)の定期配信のみ配信なので、登録してみてはいかがでしょうか。

-----------------------------------------------------------
☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
-----------------------------------------------------------

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

『複利のチカラで億り人』のSNSページはこちらです。