【AAPL】アップル2017年第1四半期(1Q)決算発表で株価急伸

アメリカ現地時間の2017年1月31日(火)引け後にアップルが第1四半期(10月~12月)の決算発表を行っています。

【前回の決算発表はコチラ】

【APPL】アップル2016年第4四半期(4Q)決算発表
2016年10月25日(アメリカ現地時間)引け後にアップルが第4四半期(7月~9月)の決算発表を行っています。 【前回の決算発表はコチラ】...

決算概要

【AAPL】

2017年1Q

市場予想 決算
EPS

3.22ドル

3.36ドル
売上高

772.6億ドル

783.5億ドル

来期売上高

 予想ガイダンス 

 540.5億ドル   515~535億ドル 

・今回の決算では、売上高とiPhone販売台数で過去最高を記録しました。

・売上高成長率は、前年同期比+3.3%でした。

・利益率(グロスマージン)は市場予想と同じ38.5%で、前年同期の40.5%を下回りました。

・前回の決算まで続いていた3四半期連続の減収減益はストップしました。

決算後の株価の動き

この決算発表を受けて、アップルの株価は前日終値から約6.1%上昇し、1株128.75ドルの大幅高で取引を終えています。

今回の決算では、EPS、売上高ともに市場予想を上回りました。3四半期連続の減収減益から一転して過去最高の売上高を記録したことで、株価が急上昇したものと思われます。

今後の懸案事項

個人的に今後のアップルについて不安視していることを2点ほど書いてみようと思います。

・ドル高

今回の決算でアップルは「ドル高はマイナス要因」であることをはっきり意思表示しました。しかし、トランプ政権の税制改革により、長期的なドル高が起こるリスクが懸念されています。

まだ実現はしてませんが、トランプ大統領が打ち出している政策のひとつに、米国企業が海外に貯めこんだ利益をアメリカ本国に移すときに1度だけ減税するというものがあります。過去に1度だけ同じような減税措置が実行されたときは1年近くドル高トレンドが続きました。なぜドル高が起こるかというと、海外利益をアメリカ本国へ移す際に膨大な資金のドルが買われるためです。

一方で、多国籍企業はすでに法人税(実効税率)の低い国に登記を置いているため、いくらアメリカの法人税が下がると言っても、わざわざ資金を移さないのではないかという見方もあります。

全体的な印象として、共和党がアイデアを出している「国境調整税」もドル高要因と考えられてますし、税制改革の影響で長期的なドル高が継続する可能性も低くないのではないかと感じます。

・保護貿易

トランプ政権は、他国からの輸入品に高い関税をかけようとしています。特に、中国から輸入した製品には45%もの関税をかけると発言しています。

中国でのアップルの売り上げ高は、企業全体の20%近くを占めています。ちなみに今回の決算では、中国の売上高成長率は前年同期比−12%でした。

もし中国にこうした高い関税をかけたとしたら中国も黙ってはいません。中国も対抗処置としてアメリカ製品に高い関税をかけることになるでしょう。不買運動も起こるかもしれません。

さらに世界中で貿易戦争なんてことになれば、アップルの製品に対して中国をはじめとする様々な国から高い関税をかけられ、世界中で売上高が落ち込むリスクもあるのではないかと見ています。

まとめ

あくまでも個人的な見解ですが、アップルの株を買うのはもう少し様子を見た方がいいと思っています。というのも、懸案事項で書いた税制改革の内容が決定しておらず、マーケットがまだ織り込めていないからです。

トランプ大統領は、就任後ハイペースで選挙公約に掲げてきたことを実行に移しています。そのため、あと3ヶ月~1年もすれば、税制改革をはじめとする重要政策がどういった内容になるか見えてきます。その内容がアップルにとって問題ないことを確認してから購入するのでも遅くはないと思います。

アップルは、バフェットの後継者であるドット・コームズ氏あるいはテッド・ウェシュラー氏の判断でバークシャー・ハサウェイ(BRK.A)が購入した準バフェット銘柄です。

圧倒的なブランド力を有しており、今後も長期で成長することは間違いないと言っていいでしょう。私もアップルの株価が割安になったら買おうと注目してましたが、今回の好決算でさらに買えなくなってしまいました。

今後もアップルの動向には注目して、チャンスが来たら積極的に買えたらいいなと思います。

【関連記事】

私が購入したアップル株、なんとバークシャー・ハサウェイも購入していたことが判明!
5月16日、バークシャー・ハサウェイがアップル株に10億7000万ドル投資していたことが明らかになりました。 2016年4月2...

アップルは以前保有していましたが全株売却しています。

【APPL】アップル20株@115.02ドルで売却
アップルを20株@115.02ドルで一旦売却しました。このタイミングで売却した理由と115ドルで売却した根拠について書いていきます。

-----------------------------------------------------------
☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
-----------------------------------------------------------

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

『複利のチカラで億り人』のSNSページはこちらです。