【VALU】”VA”をお値打ち価格で手に入れて優待をゲットする方法

2017年6月に様々なVALUERの”VA”を40万円ほど購入して気づいたことがあります。それは、明らかにお値打ち価格で購入できる場面あるのではないかということです。せっかくなので、どんな条件が揃えばお得に買える可能性が高いかについて解説したいと思います。当然ですが、この通りに”VA”を購入しても買った価格より高く売れる保証はないので、その点を十分理解したうえで読んでくださいね。

新しく公開されたばかりの”VA”がチャンス?

2017年9月23日時点では、VALUに値幅制限がかけられています。この値幅制限では、1日ごとに取引できるビットコイン価格が前日終値の50%~200%に制限されています。日本の株式市場で例えるなら、ストップ高、ストップ安のようなものです。この値幅制限は投機目的の取引を抑制する狙いで2017年6月12日から採用されています。

この値幅制限により、新しく公開されたばかりの”VA”は初値から時間をかけて1日ごとにジワジワ上昇していくことになります。ただし、すべての”VA”が初値から上がるとは限りません。初値から上昇しやすい”VA”かどうかを見極めるには、ほかに見るべきポイントがあるのです。

“VA”の価格は、知名度と優待で決まる!?

基本的に有名な人であればあるほど、その人の”VA”を購入したいと思う人が多い傾向にあります。そして、その人が提供できる優待の内容によっても価格は大きく変わってきます。

テレビに出演してもおかしくない知名度を持った有名人や経営者の方が”VA”を公開して間もないときは、初値が低く抑えられていて値幅制限があるので大チャンスです。しかし、このことはすでにみなさんお気づきのようで、その日の最高値(ストップ高)で注文が殺到することもしばしばです。同じ値段の注文であれば、基本的に注文タイミングの早い順に約定していくので、これではすぐに売り切れてしまい購入するのが難しくなってしまいます。

そこで私は、テレビに出るほどの超有名人でなくとも、Facebook やTwitterのフォロワー数が多い人に注目しました。VALU自体まだ始まったばかりということもあってか、SNSのフォロワーさんを多く抱える人の”VA”であれば意外と初値に近い価格で簡単に購入することができました。

ちなみに、私が目安とした条件は以下になります。

・Twitterフォロワー数1万以上 or Facebook(インスタ)フォロワー数2000人以上

・優待を発表している or 優待を発表する可能性が高い人

・自身のVALUを定期的に宣伝する気がある人

・少量の”VA”を最高値で放出しつづけてくれる人

SNSのフォロワー数が多ければ多いほど、それなりの需要が生まれる可能性も高いと言えます。そして、優待を発表していたり、その人の持つSNSやブログでVALUの情報を定期的に発信してくれれば、買い注文も入りやすくなります。売りたいときに売れないリスクを最小限に抑えることがまず大切です。

SNSでたくさんのフォロワー数がいても、発行する”VA”数が最初から多すぎたり、値上げしない人だったりすると早い段階で買い注文がなくなる可能性が高いです。どんな人がどれくらいの”VA”を保有しているか確認することができますから、ここは十分見ておきたいところです。筆頭VA主(一番多く保有している人)が、50VA、100VAと大量保有していたら私はあまり買いたくならないですね。大量保有している人が一気に売りに出すと、それが全部売れるまで値上がりしなくなるからです。

ほかにも、少しあいまいな条件になってしまいますが、その人のSNSやブログを読んで優待を提供する能力があるかを見極めたり、そもそも人としてちゃんとしているかどうか判断したりといったことも確認しておいた方がいいです。はじめたばかりのうちは優待がなかったとしても、後から優待が発表されれば、価格が上昇する可能性もあります。優待については、その人の発言等をチェックしていれば、VALUに対するモチベーションが大まかに測れるので、やる気がある人を選んで買いたいところです。

それと、初値がお買い得かどうか判断するもう一つの目安として、すでに公開されて時間が経っている人の”VA”と価格を比較する方法もあります。SNSフォロワー数やブログのPV数が同じくらいの人を見つけて、その人の価格よりも初値が10分の1とか100分の1だったら明らかに割安と判断します。ただし、この方法は発行”VA”数が同じでないと単純比較できないので注意が必要です。もし比較対象の人とトータルで発行できる”VA”数が異なるようであれば、その差を考慮して比較する必要があるということです。需要と供給の関係により、どんなものでも流通量が多ければ価値が下がるのと同じ理屈です。

まとめ

VALUで”VA”を40万円以上購入した私が、色々な人を見てきて気づいたことをまとめました。結局、本質的な考え方は株式投資と同じです。今後もVALUで”VA”を公開する人がどんどん出てくると思うので、ルールが変わらなければこの方法はしばらく使えると思います。

最後に注意事項ですが、ビットコインで購入する”VA”は、価値がゼロになってもいい前提で保有するのが必須です。というのも、運営会社VALUや”VA”を発行する人がVALUをやめてしまえば、その時点で保有している”VA”の価値がゼロになってしまうからです。ひとつの出来事で一瞬にして資産価値ゼロになるものを保有しているという認識は持っておいた方がいいですね。確実にお金持ちになりたいのなら、VALUではなく米国株を長期で運用する方が明らかに賢明な判断と言えるでしょう。

参考 バフェットvs配当貴族指数!リターンが高いのはどっち?

関連記事です。VALUの経過報告は「100万円から配当金生活」シリーズで行っています。6月~7月にかけての売買損益は、約0.3BTCのプラスでした。

「100万円から配当金生活」シリーズが大きな転換点を迎えます。このたび、ドルで保有していた資金の一部でビットコインを購入して、VALUに...

仮想通貨やVALUで利益が出た場合は、原則として税金を納める必要が出てきます。私が電話で税務署に問い合わせた内容をまとめたので、よければ参考にしてみて下さい。

ビットコインや”VA"の取引で出た利益には、どんな税金がかかるのでしょうか? 気になったので税務署に電話して問い合わせてみたところ、ネ...

ワンクリックで「はてなブックマーク」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「複利のチカラで億り人」RSSフィード

follow us in feedly

「ひろめ@複利のチカラで億り人」ツイッター

———————————————————————————————–

☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
———————————————————————————————–

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

『複利のチカラで億り人』のSNSページはこちらです。