【2016年10月】給与&生活費を初公開します

資産内訳に続いて家計収支についてもデータをまとめましたので、初公開しようと思います。

2016年10月時点の資産内訳を公開していきます。キャッシュ比率も出しましたので、参考になればと思います。

ひろめは社会人になってから家計簿をつけるようになりました。

一人暮らしをするのに年間いくらかかるのか知りたかったからです。

やはり毎月の収入と支出を把握することは非常に大切です。

実際に集計した金額と体感とでは、結構なギャップがあって「こんなに支出少なかったっけ?何か抜けてるんじゃ?」と思ったときもありました。

最近では家計簿アプリなどで簡単につけれるものが多いので、年間生活費を把握するためにも最低限の支出管理をおすすめします。

それでは、2016年10月の収支内訳を見ていきたいと思います。

独身一人暮らし男性の家計収支はこんな感じになっています。

支出
家賃 72100円
光熱費等 14343円
クレジットカード 31353円
食費 15631円
日用品 529円
散髪費 660円
娯楽費 10700円
スポーツジム 7560円
【10月】支出合計 152876円

2016年10月の支出は、15万2876円でした。

現在、ひろめは都内のワンルームマンションで一人暮らしをしています。

家賃が7万2100円と高いので、そろそろ引っ越しを考えています。

クレジットカードは、2%のポイントが付くリクルートプラスカードを利用しています。

ポイントが付くので、なるだけ日々の支払いにはクレジット(一括)払いを活用しています。

リクルートカードプラスには、QuickPayで支払うとクレジット払いになる機能が付いているので、電子マネーが使えるお店ではポイント狙いでQuickPayで支払うようにしています。

クレジットカードの内訳は、QuickPayでの支払いが含まれていますが、それ以外にも生活必需品を購入するAmazonでの支払いは毎月必ず発生していると思います。

したがって、食費や日用品は、QuickPayで支払った分も含めるともっと高くなります。食費や日用品に計上されている金額は、電子マネーが使えないなどの理由で現金支払いしたものだけになります。

10月の散髪代が660円と激安になっていますが、これはクレジットカードで貯まったポイントを使っています。もとのカット料金は、2160円です。

それぞれの項目ごとに内訳がありますが、クレジットカードで支払っている分はクレジットカードの項目に全部含まれているので、内訳はあまり参考にならないと思います。全体として1ヶ月これくらいの支出なんだということで見てもらえればと思います。

収入

2016年10月の手取り給与は、28万9950円でした。

これは、所得税や住民税、社会保険料など天引きされた後の金額になります。

毎月の給与は残業時間によりバラツキがあります。

基本的に残業代以外は毎月一緒です。

まとめ
収入 +289950円
支出 -152876円
【10月】収支 +137074円

10月収支は、+13万7074円、全体の収入に対する貯蓄率は47%でした。

東京都内で生活していると、物価が高いのでなかなか生活費を抑えるのが大変です。

引っ越してきた当初、毎月20万を超える出費になっていたのですが、それを考えると今月の出費15万円代は上出来です。

これからも毎月の出費を15万円程度に抑えられるよう、生活水準をできるだけ低くしていきたいと思います。

-----------------------------------------------------------
☆応援クリックいつもありがとうございます。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
複利のチカラで億り人は、いま何位でしょう?
-----------------------------------------------------------

「いいな」と思った記事は以下のボタンでシェアできます。

『複利のチカラで億り人』のSNSページはこちらです。